本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マンパワーや秘密主義など問題山積、米国がいくらウクライナ軍に武器を供与しても戦況は好転しない
 米国政府は6月15日、ロシアが侵攻を続けるウクライナに追加で10億ドル相当の武器を供与することを決定した。地上配備型の対鑑ミサイルシステム、高性能ロケット砲や榴弾砲の弾丸などがその内訳だ。2月24日以降、米国政府が決定したウクライナへの軍事支援は総額56億ドルに上る(6月16日付日本経済新聞)。...
別窓で開く

ロシアが「国際的に孤立するのは当たり前」? ロシアと中国・インドの関係に見る、プーチンの“大きな盲点”
のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈” から続く 2022年のウクライナ侵攻以降、ロシアは他国からの非難を浴び、厳しい経済制裁を受けている。それでも引き下がらないプーチン大統領は、一体どのような思惑で動いているのだろうか。...
別窓で開く

【コラム】良き隣人の次は、良き町内会メンバーかー中国
 昨日、中国が、韓国を良き隣人ととらえていると記した。その中国から、日本はどう思われているか。日本海を挟んでいるから正式には隣国ではない。じゃあ、アジアと言う町内会の一員だろうか。 韓国にきつい一発を放ったと同じころ、中国外相は、日本の林芳正外務大臣ともオンライン対談を行った。...
別窓で開く

《英オックスフォード大の「ヤクザ講義」に潜入》海外で「YAKUZAはジェントルマン」と誤解されているワケと日本人も知らない”令和の実態”とは
「ヤクザはふんどしをしめているの?」「なぜ指を落とすの?」「入れ墨をしているのはヤクザだけ?」 いま、海外の研究者や映画業界関係者などから、日本の「ヤクザ文化」について注目が集まっている。 ヤクザの不当行為を取り締まる「暴力団対策法」は、2022年で施行から30年を迎えたが、同法と、2010年以降に...
別窓で開く

「オーケストラが奏でるシンフォニーのよう」“ビューティフルバスケ”の生みの親、NBA屈指の名将の飽くなき探究心<DUNKSHOOT>
現地時間3月11日に行なわれたユタ・ジャズ戦に104−102で勝利したサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)は、レギュラーシーズン通算1336勝という、歴代最多記録を達成した指揮官となった。...
別窓で開く

ウクライナ危機と米国利上げの影響は?...東洋経済「株崩落」 ダイヤモンド「M&A」、エコノミスト「グリーン素材&技術」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

ロシアの元スパイがウクライナを侵攻したプーチン露大統領を批判した。ロシアの元スパイでであるアリア・ローザ(37)は12日(現地時間)、自身のSNSを通じて「今ウクライナの状況に胸が痛む。私はロシアで生まれ、ロシア軍でスパイ訓練を受けた。 18歳の時にチェチェン戦争の惨状を目撃した。このような経験は私...
別窓で開く

ビジネス誌各誌が予想する「ウクライナ侵攻」の影響は? 週刊エコノミスト「世界大動乱」、週刊東洋経済「M&A」、週刊ダイヤモンド「物流危機」も特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ユーラシア2大国と欧米の新冷戦時代に「週刊エコノミスト」(2022年3月15日号)ロシ...
別窓で開く


<前へ1次へ>