本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「プーチンの支持率の高さには『マフィア的側面』がある」プーチンが利用してきたロシア国民の“不信感”の正体
 漫画『プリニウス』で、稀代の独裁者と伝えられる、紀元1世紀のローマ帝国の皇帝ネロの実像に迫ったヤマザキマリさん。多くの専門家が「プーチンはウクライナへの軍事侵攻を決断しない」と予測を誤る中、昨年時点から「軍事介入はあり得る」と警鐘を鳴らしていた小泉悠さん。...
別窓で開く

『ゴッドファーザー』誕生の裏に衝撃実話 『トップガン』マイルズ・テラーら出演ドラマ、7月配信
『トップガン マーヴェリック』のマイルズ・テラーらが出演する、名作『ゴッドファーザー』の制作の裏側にあった衝撃の実話を描くドラマ『ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男』が、7月15日よりU‐NEXTにて全話一挙独占配信されることが決定。併せて予告編、ビジュアルも解禁された。...
別窓で開く

市川紗椰の新たな趣味に加わった「素人のミュージカル」の魅力「粗いパフォーマンスがたまらない」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、最近新たな趣味に加わったという「素人のミュージカル」について語る。 * * *私は、YouTubeなどの動画サイトをあまり見ないほうだと思います。...
別窓で開く

ロシアが「国際的に孤立するのは当たり前」? ロシアと中国・インドの関係に見る、プーチンの“大きな盲点”
のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈” から続く 2022年のウクライナ侵攻以降、ロシアは他国からの非難を浴び、厳しい経済制裁を受けている。それでも引き下がらないプーチン大統領は、一体どのような思惑で動いているのだろうか。...
別窓で開く

『グッドフェローズ』レイ・リオッタさん死去、67歳 ロバート・デ・ニーロら共演者が追悼
映画『グッドフェローズ』や『フィールド・オブ・ドリームス』で知られるレイ・リオッタさんが、新作撮影のため訪れていたドミニカ共和国で亡くなった。67歳だった。突然の訃報に、ロバート・デ・ニーロやケヴィン・コスナーら、関係者が追悼のコメントを発表している。...
別窓で開く

「高山が出てくるというだけで、何人も殺害されている」対立抗争の“潮目を変える”6代目山口組若頭の恐るべき影響力
 2015年8月、国内最大の暴力団組織「6代目山口組」が分裂した。離反側は「神戸山口組」を結成し、2022年の今も両者の対立抗争状態は続いている。 ここでは、ノンフィクションライターの尾島正洋さんが山口組分裂の裏側に迫った『 山口組分裂の真相 』より一部を抜粋。警察庁幹部も注目する6代目山口組若頭・...
別窓で開く

【コラム】良き隣人の次は、良き町内会メンバーかー中国
 昨日、中国が、韓国を良き隣人ととらえていると記した。その中国から、日本はどう思われているか。日本海を挟んでいるから正式には隣国ではない。じゃあ、アジアと言う町内会の一員だろうか。 韓国にきつい一発を放ったと同じころ、中国外相は、日本の林芳正外務大臣ともオンライン対談を行った。...
別窓で開く

【コラム】中国で暗躍する北朝鮮ハッカーたち
 北朝鮮は、日本の報道からすると世界から孤立している感がある。しかし、明らかに国交がないのは、同胞のいる国「韓国」と、同胞が上納金を奪い取る国「日本」、そして「うるさいな! もう」のアメリカ3国だ。表立っての国交がなくっても、いずれの国とも細いパイプ太いパイプでつながっているので、なにかあったら、そ...
別窓で開く

米司法当局に逮捕された「ヤクザ幹部・エビサワ」 実際は「栃木県の2DKアパートに住むチンケな詐欺師」と被害者が証言
 ロケットランチャーを肩に乗せ、不敵な笑みを浮かべる男の正体は、ショボかった。4月7日、米司法当局は、麻薬の密輸や地対空ミサイルの購入を企てたとして、日本のヤクザ幹部、エビサワ・タケシ容疑者(57)を逮捕したと発表した。だが、男の素性を知る人たちは、「アイツがいつヤクザになっていたんだ?」と失笑して...
別窓で開く

《英オックスフォード大の「ヤクザ講義」に潜入》海外で「YAKUZAはジェントルマン」と誤解されているワケと日本人も知らない”令和の実態”とは
「ヤクザはふんどしをしめているの?」「なぜ指を落とすの?」「入れ墨をしているのはヤクザだけ?」 いま、海外の研究者や映画業界関係者などから、日本の「ヤクザ文化」について注目が集まっている。 ヤクザの不当行為を取り締まる「暴力団対策法」は、2022年で施行から30年を迎えたが、同法と、2010年以降に...
別窓で開く



<前へ12345次へ>