本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



JRA重賞『きさらぎ賞』(GⅢ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!
(C)JRA先週のシルクロードSは、穴があったら入りたいほど恥ずかしい予想だった。何せ、上位人気馬では唯一印をつけずに無視した浜中ナムラクレアが豪脚一閃で勝利し、2着には人気薄の団野ファストフォースが入り、こちらも我が予想ではスッコヌケ。〝こんな馬出てたの?〟ってなもん。...
別窓で開く

INI鄕塚大夢「夢を追いかけてる人に」「いまの季節にもピッタリ」おすすめ&思い出のアニソン3選
11人組グローバルボーイズグループ・INIの髙塚大夢がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! INI LOCKS!」。2月1日(水)の放送では、思い入れがあるアニソンを3曲紹介しました。...
別窓で開く

蓮沼執太フィル、アルバムリリースを記念して4月に東京オペラシティでコンサート開催
蓮沼執太フィルのニューアルバム『symphil | シンフィル』のリリースを記念して、4月2日(日) 東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアルで蓮沼執太フィル『ミュージック・トゥデイ』が開催されることが決定した。『symphil | シンフィル』は、蓮沼が2019年から楽曲制作を開始...
別窓で開く

「BOTANIST」「SALONIA」などを展開…I-ne代表取締役社長・大西洋平が考える“ヒット商品を作り続ける秘訣”とは?
笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00〜20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。...
別窓で開く

「キネマ旬報」2022年ベスト・テン、日本映画1位に三宅唱監督「ケイコ 目を澄ませて」
 映画専門誌「キネマ旬報」の2022年のベスト・テン第1位と個人賞が1日、発表された。第1位は、日本映画が「ケイコ 目を澄ませて」(三宅唱監督)、外国映画が「リコリス・ピザ」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)、文化映画が「私のはなし 部落のはなし」(満若勇咲監督)となった。第2位以降のランキング...
別窓で開く

広末涼子「生きている限り、俳優を続けていきたい」 コロナ禍の役者業への思いを語る
女優の広末涼子が1日、都内にて開催された第96回キネマ旬報ベスト・テン発表および表彰式に出席。助演女優賞に輝いた広末が、「生きている限り、俳優を続けていきたい」と気持ちを新たにした。 「キネマ旬報ベスト・テン」は、現在まで続いている映画雑誌として最も長い歴史を誇る「キネマ旬報」が選出する映画賞。...
別窓で開く

Snow Man・目黒蓮、キネ旬新人男優賞を受賞 メンバー3人が「体で喜んでくれた」
Snow Manの目黒蓮が1日、都内にて開催された第96回キネマ旬報ベスト・テン発表および表彰式に出席。目黒が新人男優賞に輝いたことを、Snow Manのメンバーの内3人が「体で喜んでくれた」と明かした。 「キネマ旬報ベスト・テン」は、現在まで続いている映画雑誌として最も長い歴史を誇る「キネマ旬報」...
別窓で開く

『ケイコ 目を澄ませて』日本映画作品賞はじめ4冠「第96回キネマ旬報ベスト・テン」
日本で最も歴史ある(米国のアカデミー賞より1回多い)「2022年 第96回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」が1日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて開催された。3年ぶりに有観客で行われ、表彰式の模様はライブ配信も行われた。...
別窓で開く

16人の娼婦が殺された「スパイダー・キラー事件」を基に描く 鬼才アリ・アッバシ最新作『聖地には蜘蛛が巣を張る』ポスタービジュアル
『聖地には蜘蛛が巣を張る』©Profile Pictures / One Two Filmsイランで実際に起こった娼婦連続殺人事件から着想を得て描かれた衝撃作『聖地には蜘蛛が巣を張る』が2023年4月14日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他...
別窓で開く

【3月号付録レポート】スヌーピーの大型バッグ、ガシガシ入ってめちゃくちゃ優秀なんです♥
スヌーピーファンの皆さん、お待たせしました。雑誌付録で豪華なスヌーピーグッズが登場します!女性ファッション誌「otona MUSE(オトナミューズ)」(宝島社)2023年3月号は、通常号と増刊号ともにスヌーピーの可愛いグッズが付録として付いてきます。通常号と増刊号どちらも価格は1350円。2023年...
別窓で開く