本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プレーオフ第2戦 松山英樹はジョン・ラームと2サムでプレー
<BMW選手権 事前情報◇16日◇ウィルミントンCC(米デラウェア州)◇7534ヤード・パー71>年間王者を決めるプレーオフシリーズの第2戦目は、フェデックスカップポイントランク上位70名のみが出場できる「BMW選手権」。その予選ラウンドの組み合わせが発表された。9年連続でプレーオフ進出となっている...
別窓で開く

いよいよレギュラーシーズン最終戦 シード権、プレーオフ進出が厳しい選手は?【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「ロケット・モーゲージ・クラシック」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップ3に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt...
別窓で開く

トップ10に変動なく松山英樹は8位をキープ 今季初Vトニー・フィナウは13位に【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「3Mオープン」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップ10に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt)、4位ザンダー・...
別窓で開く

全英制覇のキャメロン・スミスが600pt上積み 松山英樹は8位をキープ【フェデックスカップランキング】
今季メジャー最終戦「全英オープン」、そして米本土で行われていたポイント方式の「バラクーダ選手権」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップは3556ポイント(pt)のスコッティ・シェフラー(米国)で変わらず。2位だったキャメロン・スミス(オーストラリア...
別窓で開く

上位に変動なく松山英樹も5位をキープ J.T.ポストンが44ランクアップ【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」を終えて、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。同大会を制したJ.T.ポストン(米国)は500ptを獲得。累計1046ptとなり66位から22位と大きく順位を上げた。世界トップランカーの出場はなく、このポイントレースでも...
別窓で開く

ザンダー・シャウフェレがトップ10入り 松山英樹は5位キープ【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」を終えて、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。今大会でシーズン2勝目を挙げたザンダー・シャウフェレ(米国)が500ポイント(pt)を獲得。今季通算を1597ptとして、前週の20位から8位に順位を上げた。...
別窓で開く

松山英樹も高額賞金サウジ新リーグに興味 掛け持ち可能なら「おもしろそうだなと」
<全米オープン 事前情報◇14日◇ザ・カントリークラブ(米マサチュセッツ州)◇7264ヤード・パー70>世界一過酷な戦いといわれる「全米オープン」。10回目の出場を前に松山英樹が取材に応じた。2017年には2位タイに入るなど、ここまで実績を残してきた大会。今年こその期待は高まっている。...
別窓で開く

今季2勝目のR・マキロイが4位浮上 松山英樹は7位後退【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「RBCカナディアン・オープン」を終えて、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。ローリー・マキロイ(北アイルランド)が最終日に「62」をマークし、トータル19アンダーで逃げ切り。今季2勝目を大会連覇で飾り、500ポイント(pt)を獲得。今季通算を17...
別窓で開く


<前へ1次へ>