本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「子どもの頃に夢見ていた」八村塁がジャパンゲームズ初戦を回想「僕とこの国にとって重要な瞬間になった」<DUNKSHOOT>
9月30日にさいたまスーパーアリーナで開催された「NBAジャパンゲームズ2022」の初戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが96−87でワシントン・ウィザーズを下した。 この試合は両チームにとって今季初のプレシーズンゲーム。しかもトレーニングキャンプ開始からわずか数日後で、28日夜に日本へ着いてか...
別窓で開く

本人の願いも虚しくカリーを強行指名したウォリアーズと“本気度”の差で“大魚”を逃したニックス【NBA秘話・後編】<DUNKSHOOT>
■カリー本人の願いも虚しく、ウォリアーズが指名を強行 2009年のNBAドラフトはニューヨークのマディソンスクエア・ガーデン内にあるザ・シアターで開催された。選手たちは本番2日前にニューヨーク入りし、日中はメディアへの対応や各種イベントに時間を費やした。ドラフトには16人の選手が招待され、2日間ほと...
別窓で開く

ステフィン・カリー——ウォリアーズの“象徴”となった男が、プロ入り時にニックス行きを望んだ理由【NBA秘話・前編】<DUNKSHOOT>
昨季までの現役13年の間に、レギュラーシーズンMVP2回、ファイナルMVP1回、得点王2回、優勝4回と数々の金字塔を打ち立ててきたステフィン・カリー。今や“ウォリアーズの象徴”と言っても過言ではない存在だが、大学時代の彼には意中のチームが別にあった。 その球団はニックス。...
別窓で開く

現役続行を発表したイグダーラへ、指揮官が示す絶対的信頼「彼の存在は我々にとってかけがえのないもの」<DUNKSHOOT>
現地時間9月24日、ゴールデンステイト・ウォリアーズは本拠地チェイス・センターでトレーニングキャンプ初日を迎え、連覇がかかる2022−23シーズンに向けて始動した。 昨季に4年ぶり通算7度目のNBAチャンピオンとなったウォリアーズは、エースのステフィン・カリーをはじめ、クレイ・トンプソン、ドレイモン...
別窓で開く

カリーが観る者の心を掴むのはなぜ? NBAアナリストが力説「子どもはシャックやレブロンにはない感情移入ができる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、1シーズン402本、通算3117本など3ポイントに関する数々の金字塔を打ち立て、バスケットボールの常識を根底から覆した稀代のシューターとしてNBA史に名を刻んでいる。...
別窓で開く

河村勇輝の相棒アウダ、A東京のサイズらBリーグ戦士も参戦、小国ベルギー、フィンランドの奮闘【ユーロバスケット2022総括Part.3】<DUNKSHOOT>
チェコ、ジョージア、ドイツ、イタリアの4か国で9月1日から18日まで行なわれたユーロバスケット2022は、スペインが優勝。フランスが銀メダル、ホスト国のドイツが銅メダルを獲得して、大盛況のうちに幕を閉じた。 ここでは、この大会の総括として、今回のユーロバスケットを通しての注目トピックスを紹介する。...
別窓で開く

「優勝に向けた最高の目安になる」クリッパーズの名手ジョージが対戦を心待ちにする3チームとは?<DUNKSHOOT>
現地時間10月18日に幕を開けるNBA2022−23シーズン。注目を集めるのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズが球団史上2度目の連覇を達成できるかどうかだろう。 昨季4年ぶりに王座を奪回したウォリアーズは、今季もステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3だけでなく、ア...
別窓で開く

アデトクンボに「バスケを学ぶ必要がある」と注文した名手が真意を説明「彼は今、フィジカル中心にプレーしている」<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが、現代NBAを代表するスーパースターだということに異論を唱える者はいないだろう。しかし、元NBA選手のギルバート・アリナスは、「もっとバスケを学ぶ必要がある」と語った真意について明かしている。 2013年のドラフト全体15位でバックスから指名されたアデ...
別窓で開く

連覇を目指すウォリアーズは“特別枠”を用意してイグダーラの決断を待つ。GMは「彼が戻ってきたいなら喜んで迎え入れる」<DUNKSHOOT>
今月末に行なわれるNBAジャパンゲームズで来日するゴールデンステイト・ウォリアーズ。現地時間9月24日のトレーニングキャンプ開始まで約1週間に迫るなか、昨季王者はロスターの選定に取り掛かっている。 NBAの各チームは、2WAY契約2選手を除いて、15選手まで本契約を結ぶことが可能。...
別窓で開く

「チームは僕へ『どう思う?』と聞いてきた」カリーがデュラントと再共闘の可能性があったことを告白<DUNKSHOOT>
今夏のフリーエージェント(FA)戦線は、ダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソンがニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートのPJ・タッカーがフィラデルフィア・セブンティシクサーズと契約。...
別窓で開く


[ マイカリ dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot フィンランド ジョージ ニックス レブロン
nba ベルギ