本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジョーダンは最高チームを倒してない」グリーンが“史上最強選手”にレブロンを推挙「MJに彼のパスは絶対できない」<DUNKSHOOT>
現地時間12月2日、米メディア『UNINTERRUPTED』の番組『Throwing Bones』がYouTubeに公開され、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが元同僚のファン・トスカノ・アンダーソン(ロサンゼルス・レイカーズ)、俳優兼モデル、ミュージシャンのローム・フリンとの...
別窓で開く

アシスト数1位のストックトン、リバウンドに執念を燃やしたロッドマン…NBA歴代“職人チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
シュートスキルやディフェンス、複数のポジションをカバーできる能力など、オールラウンドな力が必要とされる現代のNBAだが、なかには一芸に特化したスペシャリストとしてリーグを生き抜く者も少なくない。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが...
別窓で開く

“ランTMC”は時代を先取りしていた?名手マリンが分析「あの頃のスタイルは、今のゲームのプレーの仕方だ」<DUNKSHOOT>
現在のNBAでひとつのチームにスーパースター3人が揃う“ビッグ3”は珍しくはなくなったが、1980〜90年代はデュオがメインの時代だった。  そのなかで、わずか2シーズンの稼働ながら、強烈なインパクトを残したトリオがいる。ティム・ハーダウェイ、ミッチ・リッチモンド、クリス・マ...
別窓で開く

ドクターJ&マローン——1960〜70年代に存在したNBAのライバルリーグ、ABAスターの共闘物語【デュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
■ABAが誇る花形スター、ジュリアス・アービング オールスターウィークエンドの華であるスラムダンク・コンテスト、プレーオフなどで数々の劇的なシーンを生み出してきた3ポイントシュート。いずれも現在のNBAになくてはならないものだが、そのルーツはNBAではなく、1960〜70年代に9年間だけ存在したライ...
別窓で開く

「相手がかわいそう」完全覚醒したシェイ・ギルジャス・アレキサンダーに止まない称賛「止めるのが難しい危険な選手」<DUNKSHOOT>
ユタ・ジャズが予想を上回り善戦しているウエスタン・カンファレンスにおいて、下位ながらも躍進の予兆を見せているのが、オクラホマシティ・サンダーだ。 開幕3連敗を喫した時点では「今年もまた最下位争いか」と思われたが、その後怒涛の4連勝。...
別窓で開く

「皆にとってタフなチーム」デュラントが躍進を遂げたキングスの強さを分析「シュート力の高い選手が揃い、爆発力もある」<DUNKSHOOT>
現地時間11月22日、サクラメント・キングスはアウェーでメンフィス・グリズリーズを113−109で撃破。 これで7連勝(10勝6敗)としウエスタン・カンファレンス3位に浮上。開幕4連敗スタートだったことを考えると、ここまでの戦績は上出来と言えるだろう。...
別窓で開く

「コビーは強化されたジョーダン」サンダーの主砲が“GOAT論”を語る「コビーが1位、ブロンが2位、マイクが3位だ」<DUNKSHOOT>
NBA5年目の今季、オクラホマシティ・サンダーのシェイ・ギルジャス・アレキサンダーはエースとしてさらなる成長を遂げた。 24歳のスコアリングガードはここまで16試合の出場で、平均35.6分、31.1点、4.6リバウンド、6.0アシスト、1.8スティール、1.4ブロックにフィールドゴール52.6%、3...
別窓で開く

アデトクンボのスペルの秘密、自身が選ぶ最強チーム、あふれ出る兄弟愛。ヤニスが同僚のYouTubeに出演し軽妙なトークを披露<DUNKSHOOT>
昨季2月、4チーム間のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからミルウォーキー・バックスに加わったサージ・イバカ。アフリカのコンゴ人民共和国出身のビッグマンは、2012、13年にブロック王に輝き、2019年にはトロント・ラプターズでチャンピオンタイトルも獲得した、今年キャリア14年目のベテラン選手だ。...
別窓で開く

【NBA】八村塁が前半だけで13得点も後半はノーゴール。ウィザーズは激戦を制し延長の末にヒートを下す<DUNKSHOOT>
現地時間11月18日(日本時間19日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは本拠地キャピタルワン・アリーナでマイアミ・ヒートと激突。延長の末に同地区のライバルを107−106で撃破し、今季成績を9勝7敗とした。 両軍のスターターは、ウィザーズがモンテ・モリス、ブラッドリー・ビール、デニ・アブディヤ...
別窓で開く

「本当にうんざりだ」アウェー8連敗のウォリアーズにカリーが警鐘「負けが習慣になってしまう」<DUNKSHOOT>
昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季開幕から15試合を終えてホームのチェイス・センターでは6勝1敗(勝率85.7%)と圧倒的な戦績を残している。 だがアウェーでは8戦全敗。前年の優勝チームがアウェーで8連敗スタートを切るのはNBA史上初。...
別窓で開く


[ マイカリ dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン レブロン aba マリン
nba