本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全ては8年前に生まれた“懸念”から——。それでも球界屈指の「カリスマ遊撃手」コレアが大型契約締結に「楽観的」な理由
カリスマ遊撃手の去就が師走の球界を賑わせている。今オフにミネソタ・ツインズとの契約をオプトアウトし、FA(フリーエージェント)となったカルロス・コレアだ。【動画】3階席へズドン! 打撃でも存在感抜群のコレアが放った特大ホームランをチェック 今オフのFA市場における目玉でもあったコレア。...
別窓で開く

WBC日本代表を運営側から支えるMLB機構の日本人広報が秋山翔吾から学んだこと<SLUGGER>
来春開催のWBCに向けて動き出した侍ジャパン。ブライス・ハーパー(フィリーズ)やマイク・トラウト(エンジェルス)ら大物メジャーリーガーが大挙出場する国際大会を、運営側から支える日本人がいる。 その存在に気づいたのは、10月11日、アトランタで行われたブレーブス対フィリーズの地区シリーズ第1戦の試合前...
別窓で開く

皮肉ではなく“エースの自負”。大谷翔平らとの「プレー」を語ったヤンキースの剛腕コールの真意「この仕事は最も重い」
米球界の盟主ニューヨーク・ヤンキースのエース、ゲリット・コールが放った言葉は小さくない話題となった。現地10月11日に米メディア『The Athletic』の記事内で32歳の剛腕は、次のように語った。「生まれ故郷(カリフォルニア)に住んで、マイク・トラウトやショウヘイ・オオタニと一緒にプレーするのは...
別窓で開く

「彼の声を聞けば、映像なんて要らない」67年間ドジャース戦の実況を務めたヴィン・スカリーとファンの“幸福すぎる関係”<SLUGGER>
8月2日(現地時間)、ドジャース戦の実況アナウンサーとして67年の長きにわたってファンに親しまれたヴィン・スカリーが、94年の人生に幕を下ろした。 彼の名は「同一球団で最も長期間実況を務めた人物」としてギネスブックにも掲載されている。米スポーツ専門誌『Sports Illustrated』が2006...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

史上最も不運なドラフト全体1位選手?エンジェルス監督代行に就任したフィル・ネビンの数奇な運命<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスがジョー・マッドン監督を解任するという衝撃的なニュースが飛び込んできた。監督代行に任命されたのは、今季から三塁コーチに就任していたフィル・ネビン。彼は一体どんな人物なのだろうか。 1971年、アナハイムに程近いフラートンで生まれたネビンは、地元のカリフォルニア州大フラートン...
別窓で開く

期待外れドラ1と烙印を押されたテイラー・ウォードの“逆襲”。大谷翔平の前を打つ切り込み隊長の成長物語<SLUGGER>
「テイラー・ウォードが強打の外野手として台頭しているよ」——数年前にこんなことを言ったら、多くの人に笑われていたかもしれない。いや、そもそもウォードの知名度を考えれば、笑われるというより「いや誰?」という反応になっていただろう。...
別窓で開く

大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く

【プエルトリコ野球“復権”の理由:前編】名捕手を輩出する「豊かな土壌」
数多くの名選手を輩出しながら、一時は危機に瀕していたプエルトリコ野球。しかし、2013年、17年のWBCで2回連続準優勝を果たすなど、近年は再び勢いを取り戻している。そこには一体どんな要因があるのか? 中南米野球取材をライフワークとする気鋭のライターが“復権”の理由を探る。■...
別窓で開く


<前へ1次へ>