本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「世界一好きな野球選手」とあるドラゴンズファンが綴る福留孝介への思い
「今シーズン限りをもちまして、現役を引退することを決めました。それをこの場で皆さまにご報告させていただきます。24年間、本当に……ありがとうございました!」 福留孝介がプロ野球選手でなくなる。本人の口から引退の旨を聞いて、泣けてきた。30代半ばにもなると、子供の頃から観てきた選手がどんどんいなくなっ...
別窓で開く

引退からの復帰で日本へ! NPBの起爆剤になり得るデイビッド・ペレスはダルビッシュ有との関係も【BC茨城・2人の剛腕ドミニカン:前編】
プロ野球ペナントレースも残り半分を切った。勝負をかける後半戦へ向け、6月27日には広島が秋山翔吾と契約。巨人も7月5日にメジャー243登板のリリーフ左腕イアン・クロールを獲得するなど、巻き返しへ向け、各球団が国外からの戦力補強に動いている。 だが、実は国内に起爆剤になり得る選手がいることはご存知だろ...
別窓で開く

富裕層の定義と特徴とは?富裕層が節約する意外な3つのポイントも元金融機関社員が解説
突然ですが、皆さんは富裕層と聞いてどういう方をイメージされますか?有名な方でいえば、ソフトバンクグループ社長の孫正義さんや、たびたびニュースでも話題になるZOZO創業者の前澤友作さんなどを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は、孫正義さんと前澤友作さんは「富裕層」の中でも「超富裕層」と呼ばれ...
別窓で開く

子どもにも教えたい『パワーポジション』で変わる最新打撃理論
2020年、合同トライアウトにチャレンジした新庄剛志氏。その新庄氏にバッティングを教えたことで話題となったのがスポーツ施設IWA ACADEMY(2021年4月より『MTX ACADEMY』に名称変更)の木村匡宏トレーナーだった。ここでは、木村トレーナーが提唱する『パワーポジション』について、そして...
別窓で開く

「Withコロナ」の時代に日本の野球はどう変化していくのか。起用法だけでなく、風習・慣例にも新たなマインドが…
ビジターチーム・ソフトバンクのバッティング練習が終わり、三塁側ベンチ前に姿を現したホーム・西武ナインの人数の少なさに虚を突かれた。 普段だとアップ、シートノックと続いていくルーティンのはずなのだが、6月28日の日曜日は、スタメンの選手たちだけがアップを行い、両チームはシートノックをすることなく両監督...
別窓で開く

【プロ野球選手の社会貢献活動:第4回】コロナ禍で球界全体に広がった動き。今後の展望と課題とは?
コロナ禍で開幕が延期となる中、多くのプロ野球選手が社会貢献を展開した。松坂大輔(西武)や西勇輝(阪神)などがマスクや医療物資などの寄付を行えば、DeNAはeスポーツのチャリティイベントに参加、中日はチャリティオークションやオリジナルグッズの販売を実施するなど、各球団も積極的な支援活動を展開した。...
別窓で開く

【プロ野球選手の社会貢献活動:第3回】"世界の王"から受け継がれるマインド——巨人社会貢献活動の歴史
巨人の社会貢献活動の歴史は古い。現ソフトバンク球団会長の王貞治氏が現役時代の1960年から札幌遠征のたびに養護学校を訪問していたのは有名だ。その活動は90年から吉村禎章(現一軍作戦コーチ)に引き継がれた。 球団としても2015年3月にプロジェクト『G Hands』を始動し、社会貢献活動をより積極的に...
別窓で開く


<前へ1次へ>