本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ポストシーズンには出番も!? 右肘手術の前田健太、リハビリから投球を再開! 現地メディアは今季終盤の復帰を予想
いよいよマウンド復帰が見えてきたようだ。 ミネソタ・ツインズの前田健太がミネソタ州ミネアポリスの本拠地、ターゲット・フィールドで昨年の右肘の手術を受けて以来、初めてのブルペン投球を行った。これまでリハビリを続けてきた、チームのキャンプ地であるフォートマイヤーズからミネアポリスでの調整へと移行するとい...
別窓で開く

「静かで控えめ」は賢者の戦略──。そう説くのは、台湾出身、超内向型でありながら超外向型社会アメリカで成功を収めたジル・チャンだ。同氏による世界的ベストセラー『「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法』(ジル・チャン著、神崎朗子訳)は、聞く力、気配り、謙虚、冷静、観察...
別窓で開く

S・キングが「地獄の“スタンド・バイ・ミー”」と表現——恐怖と郷愁がせめぎ合う『ブラック・フォン』監督が込めた思い
これは地獄の『スタンド・バイ・ミー』? 『ドクター・ストレンジ』のスコット・デリクソン監督が自らの少年時代を重ねた、怖くてノスタルジックな新作ホラー『ブラック・フォン』。主人公は、仮面をつけた謎の連続児童殺人鬼に誘拐された少年。監禁された地下室で、黒電話のベルが鳴る。それは、かつて惨(むご)たらしく...
別窓で開く

ラジオNIKKEI賞は信頼度上昇中の「過去データ」から導き出した3頭に妙味あり
「残念ダービー」といった俗称でも知られる3歳馬限定の重賞、GIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)が7月3日に行なわれる。 夏場のハンデ重賞ということもあって、とにかく波乱の多い一戦だ。過去10年の結果を振り返ってみても、3連単はすべて万馬券。しかも、10万円超えの高配当となった年が6回も...
別窓で開く

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第4日は30日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス1回戦で加藤未唯(ザイマックス)アルディラ・スーチャディ(インドネシア)組は、ユーリ・ニーマイヤー、アンドレア・ペトコビッチ組(ドイツ)に6—7、7—5、6—7で...
別窓で開く

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)グループは6月17日、中国事業のマネジメント体制を8月1日付で変更すると発表した。と同時に、現地の責任者により大きな裁量権を付与するとしている。中国事業の総責任者には、グループ取締役会メンバーのラルフ・ブランドシュテッター氏が就任する。また、中国事業のCT...
別窓で開く

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第3日は29日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がタナシ・コキナキス(オーストラリア)を6—1、6—4、6—2で下し、3回戦に進んだ。...
別窓で開く

◆競馬界に吹き荒れる“今村聖奈”旋風 今年デビューのルーキー女性ジョッキー・今村聖奈騎手の勢いが止まりません。先週はモズブーナーで勝利し、通算16勝目。現在継続中の連続週勝利記録はついに7週まで伸びました。 誤解のないように書いておくと、今村聖奈騎手は女性ジョッキーだから注目されているというわけでは...
別窓で開く

「これ以上何を言うんだい?」カリーの“アンチ”にウォリアーズGMが異議「見届けられるのは幸運でしかない」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはNBA13年目にして自身初のファイナルMVPに輝き、これまでのキャリアにさらなる栄光を加えた。ボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は、カリーの“アンチ”たちはもはやケチのつけようがないと主張している。...
別窓で開く

カリーへの称賛を惜しまないカーHC「プレーオフで彼は間違いなくピークにあった」。ウォリアーズは現布陣を維持する意向<DUNKSHOOT>
現地時間6月22日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が2021−22シーズンの終了会見に臨んだ。 ウォリアーズの指揮官に就任して8シーズン目となった今季、カーHCはコーチとして4度目のチャンピオンとなり、現役時代(5度)を含めて計9回以上NBAで優勝を経験した人...
別窓で開く