本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新加入GKターナーがアーセナル愛を語る…「朝早くからバーで試合を観ていたよ」
ニューイングランド・レボリューションからアーセナルへの移籍が27日に発表されたアメリカ代表GKマット・ターナー。同選手が、アーセナル加入に際してクラブ公式インタビューに応えた。 このインタビュー中でターナーは、アーセナル・ファンから歓迎を受けたことに感銘を受けていたようだ。...
別窓で開く

モリソン号事件と7人の日本人(1837年6月28日)
 天保8年(1837年)6月28日(旧暦)、三浦半島の東部の神奈川家の浦賀沖に大きな商船が現れました。浦賀奉行は異国船打払令に基づきこの商船に砲撃しました。商船はやむを得なく浦賀から退去しました。この商船はマカオからやってきたアメリカ合衆国のオリファント商会のモリソン号という商船でした。...
別窓で開く

NHK朝ドラ『ちむどんどん』も話題!俳優・細田善彦「自分の常識が覆る瞬間こそ、人間としても役者としても勉強になる」【人間力】インタビュー
 僕は24歳のときに、俳優の仕事から一時期離れていたんです。 この仕事は15歳ぐらいからやっているんですが、ずっと仕事以外のやりたいことをすべて後回しにしてきていて。たとえば、プライベートで先々の旅行の計画をして、その日程にオーディションのチャンスが舞い込んだらどうしようと考えてしまって、止めたりと...
別窓で開く

小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ
【山中眞人/弁護士】 これで3回目となる、ニューヨーク州司法試験を7月に控える秋篠宮家長女・眞子さんの夫、小室圭さん。現在、現地法律事務所でパラリーガル(法律事務員)として勤務しながら試験勉強をしているとのことだが、筆者は、小室さんが次の試験をパスすることに確信めいたものを感じている。 その理由を説...
別窓で開く

苦手な人と一緒に仕事をしなければならない。どうすれば心を落ち着かせることができるか。佛母寺住職の松原正樹さんは「苦手な人といる時間が早く過ぎ去るようにと願うのではなく、二度と戻らないこの時間を少しでもいいものにしようと思えば、自分の態度が変わります」という——。※本稿は、松原正樹『心配ごとや不安が消...
別窓で開く

竹内まりや“親友”が『スッキリ』で天の声出演 KinKi Kidsの“ネタバレ”に加藤浩次ら仰天
シンガー・ソングライター竹内まりやが24日、日本テレビ系『スッキリ』のコーナー「クイズッス」金曜日に竹内まりやの“親友”として声の生出演を果たし、スタジオの出演者と視聴者を驚かせた。 金曜日の「クイズッス」“天の声ゴールド”は、“天の声”が途中まで名前を伏せてエンタメ情報を紹介し、その声が誰なのかを...
別窓で開く

「ざまあ見ろ」精神満載。市川紗椰がアメリカで発見した不思議なスポット「ヘストライアングル」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、アメリカで見つけた不思議なスポット「ヘストライアングル」について語る。 * * *この春、2年ぶりにアメリカに帰国しました。こんなにアメリカから離れたことがなかったし、いつま...
別窓で開く

松井氏 ミスターにトーリ氏に英語で15分間感謝のスピーチ 今年度の「ジャパン・ソサエティー賞」受賞
 1872年に米国人のホーレス・ウィルソンが日本に野球を伝えてから今年で150年。野球で日米の架け橋になった一人が、元巨人、ヤンキースの松井秀喜氏(48)だ。21日にはニューヨークに拠点を置く日米交流を目的としたNPO団体「ジャパン・ソサエティー」の夕食会に出席し、今年度の「ジャパン・ソサエティー賞...
別窓で開く

「自分の国に帰れ」…米NYで東洋人にコショウスプレーをかけた女性を逮捕=韓国報道
米ニューヨークで東洋人女性に向けてコショウのスプレーを噴射し人種差別的な発言をした40代の女性が警察に逮捕された。19日(現地時間)CNN放送とニューヨークポストなどによると、ニューヨーク市のマンハッタン地方検察庁は前日夜、フロリダ州出身の女性(47)を3級暴行など多数の憎悪犯罪(ヘイトクライム)の...
別窓で開く

トニー賞授賞式にみるブロードウェイ意識改革の成果
2年ぶりにラジオシティ・ミュージックホールに帰ってきた第75回トニー賞授賞式。現地ニューヨークで、ノミネートされた新作ミュージカル作品を観劇された演劇ジャーナリスト・伊達なつめさんに、ミュージカル部門中心に振り返っていただきました。...
別窓で開く