本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



出生率、ジェンダー平等、個人消費…高度経済成長が続くフィリピンが日本を置き去りにしている現状を知っていますか?
「抵抗する者は殺せ」警察による超法規的殺人で6000人超が死亡、なかには3歳の少女も…腐敗していた警察組織の“リアルな実態” から続く 停滞する経済、はびこる汚職、悪化する治安などを理由に、これまで「アジアの病人」という不名誉な称号を受けてきたフィリピン。...
別窓で開く

“入国緩和”で訪日客激増“円安”で爆買い復活〜企業経済深層レポート
企業経済深層レポート (C)週刊実話Web10月の大幅な入国緩和を機に日本への外国人観光客が急増し、全国各地で爆買いが復活しつつある。と同時に不動産の日本買いも加速している。具体的にどんな現象が起きているのか。10月半ば、東京・新宿で買い物中の30代と思しき米国人カップルに何を購入したか聞くと、こう...
別窓で開く

世界で最も検索されている「旅行先」は日本ーアゴダが発表
デジタル旅行プラットフォームを運営するアゴダは12日、「日本は『旅行先』として世界で最も検索されている」と発表した。岸田文雄首相は9月22日、新型コロナウイルスの水際対策を大幅に緩和することを表明。10月11日から入国者数の上限が撤廃された他、個人旅行も解禁となるなど外国人に対する入国規制の緩和が実...
別窓で開く

旅人マリーシャの世界一周紀行「海南鶏飯vsカオマンガイ、2大チキンライスの違いとは?」第336回
東南アジアの2大チキンライスの違いはアレだった!「チキンライス」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?日本人ならまずはトマトケチャップで赤く染まった鶏肉入りごはん、それから槇原敬之氏の曲でしょうか。東南アジア諸国にはチキンライス的料理がいくつか存在しますが、その中でも日本人によく知られているのはシ...
別窓で開く

「NYの焼き鳥屋で1人2万円…」日本人は海外旅行に行けなくなる? 衝撃の物価高と円安の“末路”
 国際的な物価高と記録的な円安で、夏休みにアメリカなどへ海外旅行した人がとんでもない値段を支払うことになったことは話題を呼んだ。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子氏が、今後の海外旅行の動向と、注目のリーズナブルな訪問先について解説する。◆ ◆ ◆■「朝食が家族4人で1万円かかった」 いよいよシルバ...
別窓で開く

“仲良し”トランプ元大統領も不参加…国葬で露呈する「外交の安倍」の“本当の評価”
「安倍元首相が培った外交的遺産をしっかりと受け継ぎ、発展させるという意思を内外に示すとともに相手国からわが国に示された敬意にしっかり答えていきたい」こう語ったのは岸田文雄首相(65)。8月31日に行われた記者会見で、岸田首相は9月27日に実施される予定の安倍元首相の国葬における「弔問外交」の意味を強...
別窓で開く

若い頃はファッション雑誌のモデルたちを見て嫉妬、中年になってからはちょい悪オヤジ雑誌のモデルを見て嫉妬……自慢ではないですが、外見には自信がありません(笑)。そんな私が、なんと58歳アラカンになってモデルデビュー、月4000円程度の副収入を得られるようになるとは! 今回は、その顛末をお話したいと思い...
別窓で開く

なぜ米空軍の訓練で「100年前の中国の地図」が使われる? 習近平の妄執の背景にある「国恥地図」
 台湾を巡って米中間の緊張が高まっている。そうした中、米空軍の教育訓練では、約100年前の中国地図が使用されたという。軍事衛星もある時代に、なぜそんな古いモノを使うのか。実は、この地図には習近平政権の意図を読み解く鍵が隠されているのだ。【譚 ろ美/作家】 *** 台湾海峡やアジア太平洋地域の安全を脅...
別窓で開く

AFF三菱電機カップ2022のGS組み合わせが決定…東南アジアの頂点を目指し10カ国が参加
東南アジアの最強国を決するAFF三菱電機カップ2022のグループステージ組み合わせが決定した。 大会は今年12月20日から2023年1月16日にかけて行われる。グループステージは5カ国ずつの2グループに分かれ、各グループの上位2チームが準決勝に進出する。 組み合わせ抽選会は30日にバンコクで行われた...
別窓で開く

外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く


[ マレーシア シンガポール 東南アジア ] の関連キーワード

フィリピン 東南アジア 三菱電機 外務省

<前へ1234次へ>