本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カムカムエヴリバディでも触れない違和感 NHKが一切認めようとしない戦争責任
 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が終わってから、10日以上が過ぎた。素晴らしいドラマであった半面、唯一にして重大な問題点があったと考える。ヒロインたちとラジオの物語であり、平和への祈りも織り込まれていながら、戦前は唯一のラジオ局だったNHKの戦争責任に一切触れなかった点だ。...
別窓で開く

同日竣工 戦艦「榛名」&「霧島」-1915.4.19 運命の分かれ目はガ島攻略
1915年の今日は、旧日本海軍の戦艦「榛名」と「霧島」が竣工した日です。金剛型の姉妹艦であり、2度にわたる改修を受け太平洋戦争を迎えると、2隻とも主要な作戦に投入されました。運命を分けたのは、ガダルカナル島の攻略時でした。計画当初は巡洋戦艦 1915(大正4)年の4月19日は、旧日本海軍の戦艦「榛名...
別窓で開く

グアム安保当局が北朝鮮による発射体の声明を出した5時間後に撤回=韓国報道
グアムの安保当局は17日、北朝鮮の発射体と関連する声明を出したが、これを5時間後に公式撤回した。「米国の声(以下、VOA)」によると、グアム当局は現地時間17日午前1時30分ごろ(日本時間17日午前0時30分ごろ)、「国土安保・民間防衛事務局はマリアナ地域融合センター(MRFC)と米連邦、軍事パート...
別窓で開く

「Z」ロシア語に存在しない文字 ウクライナ侵攻のシンボル化で大迷惑
アルファベットの「Z」が悪者になっている。ウクライナに軍事侵攻したロシアの戦車などに「Z」の文字が大きく書かれているうえ、ロシア国内などで「Z」が、戦争支持のシンボルマークのようになっているからだ。「Z」という文字は以前から、様々な企業や商品名で使われている。それだけに、戸惑いもあるようだ。...
別窓で開く

目元のたるみ改善のためプラズマリフト施術を受けた女性、出目金のような顔に(英)<動画あり>
近年、海外を中心にプラズマエネルギーを放出させながら皮膚に点状の焼灼を作ることで、顔の小じわやたるみを引き締めるプラズマリフトと呼ばれる美容施術が話題となっている。イギリス在住の女性も目元のたるみを改善しようと同施術を受けたのだが、予想以上に目の周囲が腫れてしまったという。『The Sun』『The...
別窓で開く

武者震いするほどのウマさ! カップヌードル味噌を牛乳で作ったらコク深さがマリアナ海溝を超えた!
カップヌードルの「シーフードヌードル」や「カレーヌードル」を牛乳で作ると激ウマ化するというのはよく知られた話。特にシーフードと牛乳の組み合わせは最強で、冬になると「北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル」が限定販売されるのもすっかりおなじみとなりました。...
別窓で開く

主砲6基12門! 戦艦「山城」竣工-1917.3.31 航空機の試験やお召艦の栄誉にも
建造当初は世界最大だった旧日本海軍の戦艦「山城」が1917年の今日、竣工しました。目玉は6基12門の主砲。しかし、その威力を存分に発揮する機会は訪れませんでした。なお戦前、特設した滑走台を用いた航空機発艦の試験を行っています。「艦載機」の先駆けに? 滑走台の試験 1917(大正6)年の3月31日は、...
別窓で開く

太平洋戦争の快進撃支えた「民間船」 高速貨物船ニューヨーク・ライナーたちの悲劇
太平洋戦争中、数多くが軍にチャーターされた民間船舶。そのなかでも大型高速の「ニューヨーク・ライナー」と呼ばれた貨物船は、上陸作戦には欠かせないものでした。それらの船が果たした役割と戦争への影響を探ります。陸軍の大部隊を戦時にどうやって迅速に運ぶか 第2次世界大戦を始めとして、戦時には各国の軍隊とも多...
別窓で開く

「私ならバロテッリを呼んでいた」イタリア代表監督の母親がモノ申す!「ジョルジーニョが私たちを犠牲にした」
 イタリア代表指揮官ロベルト・マンチーニの母、マリアナ・プーロさんがモノ申した。『Football Italia』が伝えている。 現地時間3月24日、カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選プレーオフ準決勝が行なわれ、イタリアは北マケドニアとホームで対戦。...
別窓で開く

「人々に希望をいち早く与えた」戦後広島の“復興のシンボル”となったマツダとカープ…プロ野球界随一の人気球団が誕生するまで
 地元・広島の自動車メーカー・マツダが筆頭株主になっている、プロ野球の人気球団「広島東洋カープ」。いまでこそ球界随一の「地域で愛されるチーム」だが、マツダもカープも、かつては苦難の連続だった??。 ここでは、日本経済新聞編集委員である安西巧氏の著書『 マツダとカープ—松田ファミリーの100年史— 』...
別窓で開く



<前へ1234次へ>