本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「キッドとプレーするつもりだった」MJ、コビーと共闘した元ドラ1戦士が告白「カリフォルニアには行きたくなかった」<DUNKSHOOT>
元NBA選手のクワミ・ブラウンは、歴代でも“大成しなかったドラフト1位指名選手”の代表格として名前が挙がるほど、周囲の期待に応えきれないキャリアを過ごした。 211㎝・122㎏のビッグマンだったブラウンは、マイケル・ジョーダン、コビー・ブライアントの両雄と一緒にプレーした数少...
別窓で開く

「自分はすごく年を取ったと感じた」38歳のレブロンとロケッツの19歳ジャバリ・スミスJr.の“つながり”とは?<DUNKSHOOT>
現地時間1月16日、ロサンゼルス・レイカーズはホームのクリプトドットコム・アリーナでヒューストン・ロケッツを140−132で下し、連敗を3でストップした。 この試合を終えてレイカーズは20勝24敗(勝率45.5%)。依然としてウエスタン・カンファレンス13位と低迷しているものの、大黒柱のレブロン・ジ...
別窓で開く

NBAドラフト1位指名最右翼のウェンバンヤマ。フランス元首相やオスカー俳優が観戦に訪れる社会現象に<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトで全体1位指名が有力視されているフランスの至宝、ヴィクター・ウェンバンヤマ。1月4日に19歳の誕生日を迎えたティーンエイジャーは現在、フランスのバスケットボール界にかつてないほどの旋風を巻き起こしている。 所属するメトロポリタンズ92(通称メッツ)の試合のチケットは、本拠地だけで...
別窓で開く

シクサーズが今季2度目の3連敗。復帰戦でシュート不発のハーデンは「もっと良くならないといけない」<DUNKSHOOT>
現地時間12月5日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズは敵地トヨタ・センターに乗り込み、ヒューストン・ロケッツとの一戦に臨んだ。 シクサーズでは、右足の腱を痛めて14試合連続で欠場していたジェームズ・ハーデンが戦列復帰。この日はハーデン、PJ・タッカー、ダヌエル・ハウスJr.という、かつてロケッ...
別窓で開く

闘将バトラーがヒート球団社長のライリーに優勝を約束?「あなたに10個目のタイトルをもたらす」<DUNKSHOOT>
現地時間12月2日、昨季プレーオフのイースタン・カンファレンス・ファイナルで最終第7戦まで競り合ったマイアミ・ヒートとボストン・セルティックスが、セルティックスの本拠地TDガーデンで激突した。 両チームは今季すでに2試合を戦い、セルティックスが2連勝。...
別窓で開く

「本当に才能がある」ヨキッチがロケッツのシェングンを称賛「パスやポストアップができ、いいタッチが備わっている」<DUNKSHOOT>
現地時間11月28日、デンバー・ナゲッツはホームのボール・アリーナでヒューストン・ロケッツを129−113で下し、ウエスタン・カンファレンス2位の13勝7敗(勝率65.0%)とした。 勝利したナゲッツはニコラ・ヨキッチがゲームハイの32得点、12リバウンドに8アシスト、そしてジャマール・マレーがシー...
別窓で開く

クーズマが33得点、アブディヤがトリプルダブル級の活躍もウィザーズはヒートに惜敗。八村塁は2試合連続の欠場<DUNKSHOOT>
現地時間11月23日、ワシントン・ウィザーズはフロリダ州マイアミのFTXアリーナに乗り込み、マイアミ・ヒートと対戦した。 ウィザーズのスタメンはジョーダン・グッドウィン、コーリー・キスパート、デニ・アブディヤ、カイル・クーズマ、クリスタプス・ポルジンギスの5人。ブラッドリー・ビールは右太ももの打撲で...
別窓で開く

【NBA】八村塁が前半だけで13得点も後半はノーゴール。ウィザーズは激戦を制し延長の末にヒートを下す<DUNKSHOOT>
現地時間11月18日(日本時間19日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは本拠地キャピタルワン・アリーナでマイアミ・ヒートと激突。延長の末に同地区のライバルを107−106で撃破し、今季成績を9勝7敗とした。 両軍のスターターは、ウィザーズがモンテ・モリス、ブラッドリー・ビール、デニ・アブディヤ...
別窓で開く

小さくても戦えることを証明した男たち!NBA歴代“スモールチーム”を選定<DUNKSHOOT>
NBAは選手の平均身長が約200cm、加えて圧倒的な身体能力も備えた超人たちが集う世界だ。そんな最高峰の舞台にあっても、身長のハンデを乗り越えてトップに上り詰めた小兵プレーヤーたちが存在する。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、...
別窓で開く

“闘将”ベバリーは古巣ロケッツ復帰に関心あり?「俺の家族は全員ヒューストンにいる」<DUNKSHOOT>
NBAキャリア10年を誇るパトリック・ベバリーは、2009年のドラフト2巡目42位でロサンゼルス・レイカーズから指名されるも、ギリシャとロシアのプロリーグを渡り歩いてNBA入りした苦労人だ。...
別窓で開く



<前へ1234次へ>