本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NPBアワーズ 西武・高木ファーム本塁打王「打撃フォームを変えたことが大きい」
 NPBアワーズのファーム表彰式で、イース・タンリーグ本塁打王の西武・高木渉外野手(22)が表彰を受けた。高木は1軍では13試合の出場で打率・111ながら、2軍では69試合で15本塁打をマークして打率も・274と来季の飛躍につなげる。 「打撃フォームを変えたことが大きい。...
別窓で開く

ロッテ 来季打撃コーチに村田修一氏、内野守備コーチに金子誠氏を招へい
 ロッテの来季の打撃コーチに村田修一氏(41)、内野守備コーチに金子誠氏(47)が就任することが23日、分かった。今季巨人で打撃兼内野守備コーチを務めた村田氏は現役通算360本塁打を誇り、打線の長打力アップを求められる。また、日本ハムで野手総合兼打撃コーチを担った金子氏には、ゴールデングラブ賞を3度...
別窓で開く

ロッテOBの清水直行は、藤原恭大の打順に「違うんじゃないか」。一番の課題である打線、投打の軸として期待の選手も語った
清水直行が語る吉井理人新監督と今後のロッテ 後編(前編:ロッテ新監督の吉井理人は柔と剛のバランスがいい「設計者」>>) 昨年のリーグ2位から一転、今年はリーグ5位に甘んじたロッテ。ロッテOBの清水直行氏は、チームが低迷した要因と来季へ向けた課題、投打のキーマンなどをどう考えているのか。「はっきりして...
別窓で開く

福浦監督&井口GM体制で築く5年後の“めちゃ強”マリーンズを妄想してみた
 プロ野球のペナントレースも気がつけば、シーズン最終戦。2年連続2位の実績を引っさげ、「頂点を、つかむ。」と意気軒昂だったはずのわれらが千葉ロッテマリーンズは、優勝どころかクライマックスシリーズ(CS)にさえ進めず、5位という結果に終わりました。...
別窓で開く

“遅れてきた男”ヤクルト・キブレハンの「実はここがすごかった」
 球団史上2度目のセ・リーグ連覇に向けてまい進中のヤクルトの“助っ人”外国人、パトリック・キブレハンをご存じだろうか? 年齢は32歳、登録は外野手。昨年のリーグ優勝、日本一に貢献したホセ・オスナ、ドミンゴ・サンタナという2人の野手とは違い、今年の5月に来日したばかりの「遅れてきた男」であり、熱心なヤ...
別窓で開く

ロッテ・マーティン、「今年でクビ」投稿に“いいね”  井口監督も最後通告か、大不振抜け出せず精神崩壊?
23日に行われ、ロッテが「4-5」で敗れた西武戦。「7番・右翼」で先発したロッテ助っ人・マーティンの公式Twitterにネット上から心配の声が上がっている。 マーティンはこの日2回裏一死一塁の第1打席で遊飛に倒れると、その後は4回裏1死満塁の第2打席(見三振)、6回裏1死二塁の第3打席(空三振)、8...
別窓で開く

【Apple TV+】ドラマ6選! 驚愕の実話モノ「ブラック・バード」「となりの精神科医」やM・ナイト・シャラマン製作「サーヴァント ターナー家の子守」ほか必見!!
YouTube世界最高の才能たちが手がける作品を配信し、注目を集めているAppleの動画配信サービス「Apple TV+」。...
別窓で開く

【前半戦通信簿|ロッテ】首位から2ゲーム差で折り返すも得失点差は−24。 貧打にあえぐ打線は奮起できるか <SLUGGER>
ロッテ46勝44敗1分勝率.511(4位)平均得点:3.23(5位)平均失点:3.49(5位)得失点差:-24(5位)▼前半戦通信簿:可もなく不可もなく“令和の怪物”・佐々木朗希が開幕直後から衝撃的なピッチングを連発し、チームへの注目度も例年以上に高まったが、5月10日には借...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】パ・リーグ編】不運に見舞われたオリックス・宮城。悩める助っ人も今後は上向くはず<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了した。大記録が飛び交った2022年の前半戦だが、一方で期待を裏切ってしまった選手もいる。そこで今回は後半戦の巻き返しが期待できるパ・リーグの3選手をピックアップした。●宮城大弥(オリックス)16登板 97.1イニング 6勝5敗 防御率3.70 昨季は13勝4敗、防御率2.51を...
別窓で開く

ロッテ・井口監督、新助っ人の起用方針に「ケラーみたいになる」と批判 “見切り発車”示唆に不満相次ぐも、大成功あるか
9日にロッテが獲得した元MLBセーブ王の新助っ人・オスナ。14日に伝えられた井口資仁監督の起用方針がネット上で物議を醸している。 報道によると、オスナは14日に本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行われた一軍練習に初参加し、キャッチボールやランニングなどを精力的にこなした。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>