本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ガジェット通信 アニメ流行語大賞2023』選ばれるのはあの作品か!? 一般投票11月29日まで受付中!
秋アニメも盛り上がってきたところで、今年も『ガジェット通信 アニメ流行語大賞2023』の投票を開始します!「アニメ流行語大賞2023上半期」の上位ワードに、2023年下半期に放送、公開されたアニメ関連のワードを選出、一般公募したワードをプラスし、事前投票を実施。上位の大賞候補ワードが出揃いました。...
別窓で開く

年末恒例『ガジェット通信 ネット流行語・アニメ流行語大賞2023』開催! ノミネートワードを大募集!!
2023年も残り2か月を切ったので、今年も1年間を振り返る恒例の「ネット流行語・アニメ流行語大賞2023」を実施するため、ノミネートワードを大募集します! 下記のノミネートワードに入っていないもので、「あのワードは候補に入れるべき!」というものを記事内の応募フォームから送ってください。エントリーは1...
別窓で開く

今夏放送アニメ「最終回まで見続けたい」作品ランキング発表
話題のアニメが目白押しな今年の夏に、10〜50代以上の男女が思う「最終回まで見続けたい夏アニメランキングベスト9」が発表。第1位は『呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変』となった。 今回の調査は、エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営する株式会社WonderSpaceが、2023年7月27日〜8月9...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】この凄まじいサスペンスを読め!〜デイジー・ジョンソン『九月と七月の姉妹』
 このぞわぞわする気持ちを、ぜひみなさんにも。 デイジー・ジョンソン『九月と七月の姉妹』(東京創元社)は、一九九〇年にイギリス・デヴォンで生まれた作家が、二〇二〇年に発表した長篇だ。二〇一八年の第一長篇Everything Underでマン・ブッカー賞の史上最年少最終候補となったという。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】今すぐ絶対読むべき短篇集〜近藤史恵『ホテル・カイザリン』
 小説が放つほのかな光が、作者の影を浮かび上がらせている。『ホテル・カイザリン』(光文社)は、近藤史恵がさまざまなアンソロジーなどに発表した作品を集めた個人短篇集である。...
別窓で開く

松村北斗×西畑大吾『ノッキンオン・ロックドドア』公式シナリオブック。作品の世界をさらに深く。
青崎有吾さんの人気小説を原作としたドラマ、『ノッキンオン・ロックドドア』。松村北斗さん(SixTONES)と西畑大吾さん(なにわ男子)の出演で話題のドラマなので注目している方も多いはず。2023年9月28日『ノッキンオン・ロックドドア 公式シナリオブック』(徳間書店)が発売予定だ。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】ピーター・スワンソンの勝負作『8つの完璧な殺人』
 私どもにできるものは全部ここに詰め込みました。お客様、どうぞご覧ください。 そんな作者の声が脳内に再生されるのであった。もちろん妄想で。できれば上の行は夢グループ社長の声で読んでいただきたい。 ピーター・スワンソン『8つの完璧な殺人』(創元推理文庫)は作者がすべてを出し切った作品である。つまりは勝...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】静と動を備えたシリーズ前日譚〜青崎有吾『アンデッドガール・マーダーファルス4』
 アンファル3こそ青崎有吾の代表作。 そう言い続けてしばらく経つ。アンファルこと『アンデッドガール・マーダーファルス』は講談社タイガで刊行されている謎解き+伝奇アクションのシリーズだ。『3』はシリーズ初の長篇で、青崎の大衆小説作家としての美点がすべて発揮された傑作である。どれだけすごいかは後でまた説...
別窓で開く

アニメ『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』OPテーマはAyase×R‐指定! 斎藤一役は日野聡 最新PV解禁
アニメ『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』世界上映イベント 第1弾:日本が、6月18日にユナイテッド・シネマ AQUAシティお台場にて開催され、オープニング・テーマがAyase×R‐指定の「飛天」、剣心の宿敵・斎藤一役のキャストが日野聡に決まったことが発表されたほか、キービジュアル、斎藤一のキャラク...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】すべて光り輝いている短篇集〜青崎有吾『11文字の檻』
 誰かの書いた短篇が、誰かにとっての宝になることがある。 その一篇を読みたいために本を何回も手に取る。何度も、何度も。 青崎有吾はそういう短篇を書ける人である。知っていた。『早朝始発の殺風景』(集英社文庫)の表題作が『小説すばる』に掲載されたときから知っていた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>