本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



聖ジャベリン様も払底の危機か どの国も陥りかねない現代戦の思わぬ「落とし穴」
ロシアによるウクライナ侵攻は、高価な「タマ」を撃ち合う現代戦であり、そして長期に及ぶにつれ、支援国を含むいずれの陣営にも「タマ切れ」問題が浮上してきました。戦いの様相は先祖がえりしていくのでしょうか。「高価なタマ」は長期戦に不向き?「たまに撃つ 弾が無いのが 玉に瑕」とは、自衛隊の弾薬備蓄量の少なさ...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ロシアの中に、ウクライナが隠れている「週刊東洋経済」(2022年5月14日号)「週刊東...
別窓で開く

ヒットラーを激怒させた米「レンドリース法」復活へ 追い詰められたプーチンが最悪の決断も
 ロシアのウクライナ侵攻に対して、米国のバイデン政権は過去最強の経済制裁で応じたが、これまでのところ当初期待したほどの成果は上がっていない。 冷戦終結以降、米国は「ならず者国家」と呼ぶ国々(北朝鮮、イラン、イラク、リビアなど)に対し経済制裁を実施してきたが、経済制裁のみで政権転覆など外交安全保障上の...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻最新事情に、どう出る米・バイデン大統領?「世界覇権争いのゆくえ」
 ロシアのウクライナ侵攻から2か月半。紛争は泥沼化し、停戦の兆しは一向に見えない。「終結までに5年はかかるというのが、大方の見方です。少なくとも2〜3年は戦争状態が続くでしょう」(全国紙国際部記者) ロシアの暴挙に徹底抗戦を貫くウクライナだが、それを可能にしているのが、欧米側の全面的支援だ。...
別窓で開く

殺人的「猛暑」のインド…停電・水不足現象が次々と
先月から気温が上昇し始めたインドで、猛暑警報が発令された。インドでは5月と6月の間に猛暑がよく発生するが、ことしは例年とは異なり、春から気温がだんだん上昇し始めた。29日(現地時間)英BBC放送によると、インド気象庁(IMD)は今週「インド北部と中部のほとんどの地域で、最高気温が2〜4度上昇する」と...
別窓で開く

各国でF-35の導入さらに拡大かも? 大軍拡時代のきざしと「いまそこにある戦闘機」
ロシアのウクライナ侵攻を受け、各国で軍拡のきざしが見られます。そうしたなか世界各国の軍隊では今後、日本も配備をすすめるF-35戦闘機の導入が大きく進むかもしれません。その推測に足る根拠を解説します。抑止力はアテにならず ロシアがもたらした「大転換」 自衛隊も導入をすすめるF-35戦闘機が今後、大きく...
別窓で開く

ウクライナの守護天使「聖ジャベリン」のリアル 対戦車ミサイルでの戦いかたとは?
対戦車ミサイル「ジャベリン」が、ウクライナの守護天使として信仰を集めています。もちろん半ば冗談のネットミームですが、一方で戦場ではかなり頼りになるのも事実。どのような兵器で、どのように運用されるものなのでしょうか。対戦車ミサイル「ジャベリン」が信仰の対象に 2022年3月9日(水)現在、ロシアから侵...
別窓で開く

久保建英は選ばれず…ゴールデンボーイ候補40名にサンチョやファティら選出
 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス...
別窓で開く


<前へ1次へ>