本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今季本命はペップか…過去に優勝チーム以外でプレミア年間最優秀監督に選ばれた名将とは?
2021−22シーズンのプレミアリーグはマンチェスター・Cの優勝で幕を閉じた。注目の年間最優秀監督は、24日に発表される。 12日に公開された候補者は、プレミアリーグ初参戦のブレントフォードを13位に導いたトーマス・フランク氏とプレミアリーグで監督を務めるのは初めてながらクリスタル・パレスを同リーグ...
別窓で開く

9人目はテン・ハーグ氏? プレミアリーグで指揮を執ったオランダ人監督たち
12日、イギリスの各メディアが、マンチェスター・Uがアヤックスのエリック・テン・ハーグ監督と、新監督就任に“基本合意した”と報じた。 就任が決定すれば、プレミアリーグ史上9人目のオランダ人指揮官となる。なお、この数字は英国を除くとイタリア人(12人)、スペイン人(11人)に次ぐ多さだ。...
別窓で開く

指導者、解説者で活躍…EURO1996ベスト4のイングランド代表選手の現在地
イングランドサッカー協会(FA)は23日、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各協会と合同で、EURO2028共同開催への“関心表明書”を提出したと発表した。招致が成功すれば、1996年以来の英国諸島での単独開催が実現する。 EURO1996がイングランドで開催されたのは今から...
別窓で開く

ミッチェルとグエイも続けるか…クリスタル・パレスが輩出したイングランド代表戦士たち
3月の代表ウィークに行われる親善試合2試合に向けて、クリスタル・パレスのDFタイリック・ミッチェルがイングランド代表から初招集を受けた。 26日にスイス代表、29日にコートジボワール代表とウェンブリー・スタジアムで対戦するイングランド代表は、17日に発表された招集メンバーから、GKアーロン・ラムズデ...
別窓で開く

マンCと契約延長のペップ、愛弟子メッシの去就に言及「バルサでキャリアを終えてほしい」
 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、21日に行われるプレミアリーグ第9節トッテナム戦の前日会見に臨んだ。20日、クラブ公式サイトが伝えている。 19日にクラブとの契約を2023年6月30日まで延長したグアルディオラ監督はまず、7試合を消化した時点で10位につける今季のリーグ戦につ...
別窓で開く

DFローズが久々の実戦、U23トッテナムの試合出場…戦力外も今夏の移籍実現せず
 トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが、6日に行われたプレミアリーグ2(リザーブリーグ)のU−23トッテナム対U−23ダービー・カウンティ戦に出場した。 現在30歳のローズは、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルらとともに、2007年夏の移籍市場でトッテナムに加入した。...
別窓で開く

ニューカッスル買収交渉が破談…サウジ政府系企業が撤退を表明
 以前から現オーナーのマイク・アシュリー氏によってクラブ売却が進められていると報道されてきたニューカッスルだが、交渉は破談に終わったようだ。30日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。 ニューカッスルにはサウジアラビア政府系企業であるPCPキャピタルパートナーズが興味を示しており、アシュリー...
別窓で開く

B・フェルナンデスやセバージョスも! 今季プレミアでいきなり活躍した新加入選手8選
 リヴァプールの優勝で幕を閉じた2019−20シーズンのプレミアリーグ。今季も世界屈指の実力者たちがワールドクラスのプレーを披露してくれた。 そこで今回は、加入1年目にして輝きを放った選手たちに注目。イギリスメディア『ガーディアン』や『90min』の情報をもとに、好パフォーマンスを見せたニューカマー...
別窓で開く

今夏の移籍市場の目玉は「昨季CL準優勝監督」か…西紙は“育成力”が重宝されると予想
 今夏の移籍市場の目玉は、アルゼンチン人指揮官マウリシオ・ポチェッティーノになるのかもしれない。22日付けでスペイン紙『マルカ』が報じている。 2014年からトッテナムを率いていたポチェッティーノ氏は同クラブをプレミアリーグの優勝を争う一角に伸し上げ、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)では準優...
別窓で開く

ニューカッスルがL・エルナンデスに興味? 長期離脱明けもバイエルン指揮官は重要性を強調
 ニューカッスルがバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデスに興味を示しているようだ。22日、ドイツ誌『ビルト』が報じている。 ニューカッスルはサウジアラビア資本への売却が決まり、“オイルマネー”による大型移籍が多く噂されている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>