本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「貧乳」という言葉はもう古い!?元下着販売員が伝えたい大切なこととは
皆様こんにちは、元下着販売員のちーちょろすです。近年、ボディポジティブという言葉が生まれて、体型への価値観が変わり始めています。ありのままの体型を愛そうという考え方ですが、まだまだ相手の外見について口出しをする人は多いです。中でもバストは、女性の中で優劣をつけてくる人がいるパーツの1つで、大きいバス...
別窓で開く

リゾ、キム・カーダシアンと同じ全身粘着テープ姿に挑戦 ファンは「キムより素敵!」
プラスサイズの米歌手リゾ(Lizzo、34)が、全身に「バレンシアガ」による粘着テープを巻き付けた姿で英誌の表紙を飾った。このスタイルは今年3月、キム・カーダシアンがパリ・ファッションウィークに出席した時と同じもので、当時SNSでは「トイレはどうするの?」と物議を醸していた。...
別窓で開く

土偶と呼ばれた元祖ぽっちゃりグラドル 「水樹たま」が語る“ありのままで生きる私”
 7月16日に37歳を迎えた水樹たまは、その豊満なボディーを武器に今も現役のグラビアアイドルとして活躍している。彼女を一躍有名にしたのは、テレビ番組の中で有吉弘行にぽっちゃり気味の体型から「土偶アイドル」と名付けられたことだった。今よりも体型への言及が厳しかった2010年代、グラドルでは珍しいありの...
別窓で開く

ぽっちゃりさんの悩みに寄り添いたい「コンプレックスの塊だった」Hinaの挑戦
「ぽっちゃり×ファッション」コーデをブログで発信し、人気を集めるAmebaトップブロガーのHinaさん。今回、「ぽっちゃりがコンプレックスだった私だから、悩みに寄り添って届けられるものがある」というHinaさんとAmebaの共同ブランドが実現!ブランド名を『Polun(ポルン)』と題し、「今日なんか...
別窓で開く

小顔なのに巨大なお腹、食べることで月165万円を稼ぐ“ボディポジティブ”な女性(英)<動画あり>
英北西部に住む3児の母アントニア・グラハムさん(Antonia Graham、25)は、プラスサイズのインフルエンサーとして人気だ。TikTokで大きなお腹を惜しみなく見せセンセーションを巻き起こしたのは昨年のことで、“ボディポジティブ”を発信し続けて注目されている。『The Sun』などが伝えた。...
別窓で開く

SDGs、お取り寄せ、郊外へ移住…“衣食住のトレンド”から2021年を振り返る
家で過ごす時間が多かった2021年。私たちの生活はどのように変化したのか。衣・食・住に美容&健康という身近な観点からトレンドを読み解き、振り返ります。未曽有の事態から新しい楽しみが誕生!2021年はどんな年だったかと聞かれたら、ほぼすべての日本人が“コロナ”という言葉を思い浮かべるはず。...
別窓で開く

胸はどんなサイズでも自分らしく 形を活かせる「ご自愛ブラ」とは?
自分が自分らしく、心地よくいられることを追求した「ご自愛ブラ(R)」。その魅力と、開発者の想いに迫ります。クラウドファンディングで誕生。多様化が実現したご自愛ブラ(R)とは。自然なバストシルエットを楽しめるノンワイヤー。“知的でかっこいい大人”をテーマに掲げ、体を締め付けないノンワイヤーブラを専門に...
別窓で開く

浅田舞「『太った』という声にびくつく必要はない」 “ボディポジティブ論”披露
自然と周りを笑顔にさせるハッピーオーラを放つ、浅田舞さん。2017年の『anan』美乳特集でご登場いただいた時の写真をお見せすると、自らの変化に驚いたよう。誰のものでもない、自分の体を愛していきたい。「この時は、20代最後の年で、女性らしさについて模索していた時期でしたね。...
別窓で開く

ゆりやんレトリィバァ、体づくりで「目指しているのは“いつでも脱げる体”」
芸も体づくりも、目標を公に宣言して挑み、貫いて果たす。挑戦と進化を続ける姿に、励まされている人は多いだろう。その堂々たる“ありのまま”こそ、“ゆりやんレトリィバァ”。目指しているのは数字ではなく“いつでも脱げる”体。——約1年前、美乳特集にご登場いただいた時、体づくりを始めて「痩せてもやるネタは変わ...
別窓で開く

ストイックなダイエットは時代遅れ ハリウッドの最新ボディトレンドは?
最新ボディトレンドの発信は、いつもハリウッドから。海外セレブのS字ライン事情最前線を、海外セレブウォッチャー・さかいもゆるさんが教えてくれました。ボディのトレンドは、多様化とセルフラブ。ハリウッドではボディポジティブ・ムーブメントの台頭で、以前のようにストイックなダイエットをして完璧な体型を目指す、...
別窓で開く


<前へ12次へ>