本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタが仕掛けるEV戦争“4兆円投資”の秘策〜企業経済深層レポート
トヨタ自動車が電気自動車(EV)への巨額投資を発表したことで、いよいよ世界の〝EV戦争〟が幕を開けた。昨年12月14日、トヨタの豊田章男社長は東京・お台場での記者会見に自信満々の表情で臨んだ。豊田社長の背後には、今年半ばの発売を目指す新型EV『bZ4X』をはじめ16台ものEVがズラリと並べられ、その...
別窓で開く

脱炭素にはつながらない嘘だらけのEV推進政策——岡崎五朗(日本自動車ジャーナリスト協会理事)【佐藤優の頂上対決】
 世界各国でガソリン車からEVへの急速な転換が進められている。言うまでもなくカーボンニュートラルのためだが、そもそも「EV=クリーン」は真実なのか。また世界の自動車メーカーは、ほんとうにEVへ舵を切ったのか。モーター・ジャーナリストの第一人者が危惧するEV推進の陥穽。...
別窓で開く

レッズ秋山 トークショーで決意 「チャレンジの年になる」体重増への取り組みも明かす
 レッズの秋山翔吾外野手(33)が8日、千葉県千葉市内のボルボ・カー千葉中央店で開催された東邦オート株式会社主催のトークショーに出席した。 昨季は右太腿裏痛の影響などで88試合の出場にとどまり、打率・204、0本塁打、12打点。3年契約最終年の今季へ向け「チャレンジの年になると思う。小さい変化じゃ(...
別窓で開く

ラスボスがガチギレ!?新BEV戦略から見えてきたトヨタのすごみ☆岡崎五朗の眼
2021年12月14日、トヨタ自動車はBEV(バッテリー電気自動車)の戦略に関して説明会を開催しました。説明会ということでPowerPointの資料を元に淡々と解説が展開されていくのかと思いきや、2022年に市販される「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のプロトタイプと、将来デビューが期待される...
別窓で開く

自動車が世界で一番が売れている中国。その実態とは?
今、中国ではおよそ年間2,500万台の自動車が売れており、圧倒的に世界シェアトップの座にある(日本は年間460万台で世界3位)。各自動車メーカーは中国のマーケットを意識せざるを得ないが、中国の「政治リスク」にも常に気を配らなければならない。EVは中国でも販売数はまだまだ136万台程度(2020年)。...
別窓で開く

『世界で一番美しい少年』/12月17日(金)より全国公開中〜LiLiCo☆肉食シネマ
?Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021『世界で一番美しい少年』監督/クリスティーナ・リンドストロム、クリスティアン・ペトリ出演/ビョルン・アンドレセン配給/ギャガ私は日本に...
別窓で開く

ジープ「グランドチェロキーL」が日本市場に新たに導入された。フラッグシップモデルである「グランドチェロキー」の後継モデルとして、じつに10年ぶりに生まれ変わったのだ。日本におけるグランドチェロキーは過去10年間で約1万5000台が販売された人気モデルで、2014〜2020年は輸入SUVのEセグメント...
別窓で開く

韓国でレクサスがベストセラー輸入車に、不買運動を克服?
2021年12月3日、韓国メディア・韓国経済は「半導体供給難の影響で苦戦していた輸入車販売が回復傾向にあり、日本不買運動を克服したかのように『レクサスES300h』がベストセラーカーの座に着いた」と伝えた。韓国輸入自動車協会によると、11月の輸入自動車新規登録台数は1万8810台で、前年同月比31....
別窓で開く

ボルボ・カージャパンは、同社が初めて日本に導入する電気自動車(EV)「C40 Recharge」(リチャージ)を11月18日に発表した。これまでハイブリッド車(HV)、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)のラインナップ拡大に努めてきたボルボにとって、初めてのピュアEVの日本導入となる。C40という...
別窓で開く

「OK Google」から始まる新たなカーライフ!ボルボ「XC60」は各種機能をAndroidで操作
グローバル市場において、今、ボルボのラインナップで最も売れているのが「XC60」。同車はメルセデス・ベンツ「GLC」やBMW「X3」、アウディ「Q5」、レクサス「NX」辺りをライバルとするミドルクラスSUVだ。そんなXC60のマイナーチェンジモデルが、先頃、日本に上陸した。...
別窓で開く


[ ボルボ ] の関連キーワード

google lilico トヨタ ベール レッズ

<前へ12345678次へ>