本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



金正恩の専用機=ソ連の元「世界最大の旅客機」 エンジン4発まさかの尻! 独自スタイルすぎて疑惑も
将軍様、これ乗ってるんすね……。 1963年1月3日初飛行 ソ連で初めて開発した長距離むけジェット旅客機が、1963年1月3日に初飛行したイリューシン「Il-62」です。この機は当時「世界最大の旅客機」として初飛行。また、近年でも、北朝鮮の指導者、金正恩氏が専用機として使用していることでも脚光を浴び...
別窓で開く

露・アエロフロート「機内エンタメ」一部休止へ 軍事問題で旅客機パーツ不足…今後どうするの?
まさかの「機内で瞑想」をご提案しています。近々「国内産新エンタメシステム」も? ロシアのアエロフロート航空がSNS「テレグラム」で、同社のボーイング737、エアバスA320、A321で提供されている機内のエンターテイメントサービスを一時的に休止すると投稿しました。...
別窓で開く

形も能力もまさに“怪鳥”! 旧ソ連「最速のプロペラ旅客機」はどう誕生? 異形も高スペックゆえ
「世界でもっとも速いプロペラ旅客機」として知られているツポレフ設計局の「Tu-114」は、その能力ゆえ、ユニークな形状を持っているのが特徴です。どのような機体なのでしょうか。高速&ロングレンジを実現…鍵はユニークエンジン? ジェット旅客機なみの時速950kmという速度を記録し、「世界でもっとも速い...
別窓で開く

軍事侵攻は「ロシア製旅客機」にも影響甚大? 日本ではレア“最新露産旅客機”の実情とは
ウクライナ問題の中心であるロシアは近年、海外でその姿こそ広く知られてはいないものの、旅客機の開発に実は注力していました。どのようなものがあり、今回の侵攻はどのような影響があるのでしょうか。航空機の名門ひしめく露 なのになぜ旅客機は少ない? ロシアによるウクライナ軍事侵攻は、ロシア、そして世界の民間航...
別窓で開く

旅客機500機「借りパク」へ! 経済制裁受けロシアがリース機返還拒否…どうするの?
ロシアに対する経済制裁が発動するなか、同国航空会社の旅客機が外国のリース会社へ返還されない見込みとなりました。その数およそ500機、推定価格は1兆円超と前代未聞の「借りパク」問題、発生経緯と今後の展望をみていきます。...
別窓で開く

旧ソ連の「米ダグラスそっくり機」列伝 始まりはソ連版DC-3 共産圏の独自設計機たち
日本では馴染みは薄いものの、実は自国で旅客機を多数生み出す「航空大国」だった旧ソ連。なかには、米の名門、ダグラス社の旅客機に瓜二つのものが存在します。ソ連製DC-3完成から、その後のそっくり機誕生の経緯までを見ていきます。...
別窓で開く

「コンコルドよりお先に〜」なソ連 人類の夢「超音速旅客機」開発合戦 始まりは半世紀前
ユナイテッド航空が発注したことで再度乗れる可能性が出てきた「超音速旅客機」。実はこの計画が打ち出されたのは50年以上も前からでした。かつての「コンコルド」実現に至るまでも、紆余曲折を経ています。世に2モデルしか出ていない「SST」 2021年6月、アメリカのスタートアップ企業「ブーム・テクノロジー」...
別窓で開く

エンジン4発お尻に全集中! 不遇の超ユニーク機「VC-10」なぜそのカタチに? 軍事で生き長らえ
いまや少数派となりつつあるエンジン4基の「四発機」。基本的にこれらの機体のエンジンは主翼下についているなか、あえて胴体後部にすべてのエンジンをつけたのが英国の「VC-10」です。このようになったのはなぜでしょうか。 1962初飛行の「4発リアジエット機」 ボーイング747やエアバスA380など、エン...
別窓で開く


<前へ1次へ>