本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


最短梅雨に連日の記録的猛暑 加藤浩次が放った気になる質問
きのう(2022年6月27日)の東京都心の最高気温は35.7度で、6月の観測史上初めて3日連続の猛暑日になった。さらに気象庁はきのう、九州南部、東海、関東甲信地方の梅雨明けを発表。関東甲信の梅雨明けは統計開始以来、最も早いということだ。28日の「スッキリ」は、この記録的猛暑について伝えた。...
別窓で開く

7月前半は「戻り梅雨」か めざまし8が予想する今夏の「ワガママ高気圧」
関東甲信越地方がきのう27日(2022年6月)、史上最速の梅雨明けを記録したのに続き、関西地方などもきょう、次々と梅雨明けが予想される勢いで「太平洋高気圧」が暴れているが、この先の暑さはどうなるのか?7月上旬には、「戻り梅雨」、その後には西からの「チベット高気圧」も参戦して「40度超」の可能性もある...
別窓で開く

関東甲信が史上最も早く梅雨明け 「40度超え」の危険熱波はあと3カ月続くという衝撃の予測
(6月とは思えない暑さだ(C)共同通信社) 殺人的な酷暑だ。関東地方は26日、太平洋高気圧の影響で快晴となり、気温が35度を超える地点が多かった。東京都心は36.2度、栃木県佐野市は36.8度。25日も群馬県伊勢崎市は6月としては全国観測史上初となる40度を超える暑さだった。 気象庁は27日、九州南...
別窓で開く

関東地方で過去最速の梅雨明け 重なる「2018年の灼熱地獄」
気象庁は27日、関東甲信地方、東海地方、九州南部地方が梅雨明けした可能性があると発表した。■過去最速関東甲信地方の6月27日の梅雨明けは異例中の異例だ。関東甲信地方は平年7月19日ごろ梅雨明けしており、昨年は7月16日。今年の梅雨入りは6月6日ごろで昨年より8日も早く、今年は梅雨の“前倒し”状態だっ...
別窓で開く

今年は猛暑と予測 気候変動の影響明らか「熱波、さらに頻繁に」
 気象庁によると、25日以降も7月1日ごろにかけて北日本から西日本で気温が平年より高くなり、各地で猛暑日になる見通しだ。今年の夏は厳しい暑さが予想されている。猛暑には気候変動の影響が指摘され、熱中症や農業被害などの対策の重要性が年々増している。...
別窓で開く

中国は2008年から外国の優秀な研究者を集める「千人計画」を進めている。目的は一体何なのか。元国家安全保障局長の北村滋さんは「破格の待遇で研究者を呼んでいる。中国が行っているのは単なる技術競争ではない」という——。※本稿は、北村滋、大藪剛史(聞き手・構成)『経済安全保障 異形の大国、中国を直視せよ』...
別窓で開く

チベットで残虐行為の末に略奪した文化財を展示、英博物館が物議—中国メディア
2022年6月17日、観察者網は、英国の博物館で20世紀初頭にチベットから盗まれた仏像が展示されていることについて、専門家の指摘をきっかけに批判が巻き起こっていると報じた。...
別窓で開く

楊潔チ氏、サリバン米大統領補佐官と会談
中国共産党中央政治局委員を務める中央外事活動委員会弁公室の楊潔チ主任は現地時間13日、ルクセンブルクでサリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談しました。双方は、中米関係やその他の共に関心を持つ問題について率直かつ建設的で突っ込んだ意思疎通と交流を行い、両国の指導者が達した重要な共通認識を...
別窓で開く

中国包囲網づくり、「米国の鉄砲玉になる日本のやり方は極めて哀れ」と国営メディア
米国が中国包囲網づくりを進める中、中国国営メディアは「日本は米国の対中戦略で『手先』の役割を演じている」と非難した。記事は「ほしいままに中国の内政に干渉している。アジア太平洋の安全と安定を全く顧みず、米国の鉄砲玉になる日本のやり方は極めて哀れだ」とも皮肉った。日本の動向について、国営新華社通信の電子...
別窓で開く

労働は義務ではない 「世界一幸せな国」に住む人々の生き方
世界でも幸福度の高い国としてよく知られているフィンランド。国連による世界幸福度レポートで2018年から5年連続で1位とゆるぎなく、ジェンダーギャップ指数は156カ国中総合2位(2021年)、デジタル化においても先進国だ。しかし、30年前のフィンランドは今と大きく違っていたようだ。...
別窓で開く


[ チベット ] の関連キーワード

ワガママ