本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)Uran(株)『涙の女王』(3月9日韓国初回放送)主演キム・スヒョン所属GOLDMEDALISTCo.,Ltd.と日本国内エージェント契約を締結!
魅力ある韓国俳優の広報活動をサポートし、日本国内での活動を支援。<br /><br />Uran株式会社(以下「ユラン」)は、キム・スヒョン、ソル・イナなど多くの人気韓国俳優を抱えているGOLDMEDALISTCo.,Ltd.(以下「ゴールドメダリスト」)と日本国内エージェン...
別窓で開く

(プレスリリース)リスティング広告における商標侵害に対応!監視から通報まで代行の「アドパト」サービスリリース。
ネット広告で出てくる商標侵害・ブランド毀損対策に。商標侵害対策サービス「アドパト」は違反監視から通報まで業務をまるごと代行します。<br /><br />商標侵害チェックツール アドパト受託開発や不正出稿ツール「CHECK MATE(以下、チェックメイト)」などIT領域におい...
別窓で開く

ぜんぜん来ない「ロシアのF-35」 Su-57ステルス戦闘機の納入が伸び悩む理由
ステルス性能をもつロシア製の第5世代戦闘機Su-57、その2023年中最後の機体がロシア国防省に納入されました。しかし、その数は極めて少数と見られています。現在も保有機数は10機前後? ロシアの統一航空機製造会社(UAC)は2023年12月27日、ステルス性能をもつ第5世代戦闘機Su-57について、...
別窓で開く

「裏金に激怒!」「統一教会は天敵!」進む安倍元首相の神格化に「気持ち悪い」の声
——神は全能である。そんな前提に立つ一神教の宗教は多い。だが、その際、必ず問題となるのはこの命題と現実との対立だ。「全能であるはずの神が作ったこの世界に、なぜ悪や不平等が存在しているのか?」「聖典の内容が、科学的な事実に反しているのはなぜか?」だが、神が全能であることは疑ってはならない真実のため、あ...
別窓で開く

ウクライナ紛争で大幅遅延? ロシア最新ステルス戦闘機Su-75「チェックメイト」ようやく製造か
かつてはUAEやインド、ベトナムなどへ輸出考えていたのに。初公開は2021年7月 初飛行はまだの状況 ロシアのデニス・マントゥロフ産業貿易大臣は2023年11月13日、同国の最新ステルス戦闘機Su-75について、2025年に試作初号機を製造する計画であることを公言しました。...
別窓で開く

ドナルド・トランプ氏 F-35の墜落事故を受け「欠陥がある」と批判 その場所とは?
トランプ氏以外にも指摘した人はいる。F-35のエンジンに不信感をあらわに アメリカのドナルド・トランプ前大統領が2023年9月23日、サウスカロライナ州上空で9月17日に発生した、F-35戦闘機が一時行方不明になった事故を受け、SNS上で同機のエンジンが1基しかないことを批判しました。...
別窓で開く

米国 次世代「ステルス標的機」開発を再開 新型機でコスト削減? いちどポシャった計画復活に中ロの影
アメリカがステルス機能を備えた次世代「ステルス標的機」の開発計画を復活させると発表しました。中止したプロジェクトを再開するのは情勢の変化があるようです。中国のJ-20大量配備が今回の再開の一因? アメリカ国防総省は2023年8月4日、ステルス機能を備えたステルス標的機「5GAT(第5世代空中標的機 ...
別窓で開く

「偉大なるオオタニに圧倒された!」決勝戦でも獅子奮迅の大谷翔平に韓国メディアも脱帽!「大会MVPに異論は皆無だ」【WBC】
まさに千両役者の面目躍如だった。 現地3月21日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が開催され、日本代表がアメリカを3対2で撃破。14年ぶり3度目の優勝を果たし、マイアミのローンデポ・パークで歓喜を爆発させた。 1点リードで迎えた9回裏、クローザーとしてマウンドに上がったのが大谷翔平...
別窓で開く

「トイレットペーパーを交換するのは君」というゲームをプレイ中のご夫婦 「もはやゲームじゃなくて戦争だよ」「なんというカオス」
「トイレットペーパーを交換するのは君」というゲームを夫婦でプレイ中というツイートがちょっとした注目を集めています。...
別窓で開く

ロシア戦闘機生産に赤信号 実は脆かった産業構造 カギのひとつは半導体…どうするの?
旧ソ連時代から世界市場に確固たる地位を築いてきたロシアの戦闘機産業がこの先、立ち行かなくなるかもしれません。その要因のひとつとなりうるのが半導体です。次世代戦闘機の開発競争も進むなか、どうなるのでしょうか。ロシアの戦闘機産業に致命的な問題アリ「戦争に勝者はいない」——もはや使い古された格言ではありま...
別窓で開く


<前へ12次へ>