本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年イグ・ノーベル賞発表! ふたりの気が合うと鼓動まで合う?! ヘラジカのダミーからアヒルの艦隊まで、今年もステキな研究が勢ぞろい!
(小谷太郎:大学教員・サイエンスライター) 先日2022年9月16日(日本時間)、イグ・ノーベル賞の発表が行なわれました。「人々を笑わせ、それから考えさせる業績」に対して授与されるイグ・ノーベル賞は、1991年、雑誌編集者で会社経営者(当時)のマーク・エイブラハムズ氏(1956-)によって創設されま...
別窓で開く

巖さんがはいていたことにされた「緑のブリーフ」の矛盾【袴田事件と世界一の姉】
 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の橋本藤雄専務一家4人が殺害された「袴田事件」。強盗殺人罪で死刑が確定した袴田巖さん(86)の裁判などを追う連載『袴田事件と世界一の姉』の24回目は、一審判決について取り上げる。...
別窓で開く

欧州歴訪終えた文大統領「世界が韓国に注目…国民の生活の質も高まるよう努力する」
7泊9日間の欧州歴訪を終えたムン・ジェイン(文在寅)大統領は4日、「国の品格が高まった分、国民の生活の質も高まるよう努力していく」と誓った。文大統領はこの日、ハンガリーのブダペストを出発し韓国に戻る前、SNSに「主要20カ国・地域(G20)首脳会議と国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP2...
別窓で開く

今年のノーベル文学賞の受賞者は誰?
ノーベル文学賞「万年候補」の村上春樹の受賞が現実になるのか。それともまた予想外の受賞者が出てくるか。2021年ノーベル文学賞受賞者が8日午後8時、発表される中、今年も海外のベッティングサイトの受賞予測の見通しに関心が集まっている。...
別窓で開く

ヘネシー X.Oの150周年記念ボトルは、建築界の巨匠フランク・ゲーリーとのコラボレーション
MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取り扱いブランド「ヘネシー X.O」の150周年へのオマージュとなる、建築界の巨匠フランク・ゲーリーによるスペシャルコラボレーションボトルを2020年10月7日より限定発売します。 1765年に創業してから250年以上の歴史を持ち、世界で最も愛されるコニャ...
別窓で開く

オリンピックは秘密諜報員やスパイを送り込む絶好の機会
手書きで約10万ページに及ぶ「ミトロヒン文書」は、二十世紀の最重要史料のひとつ。持ち出しが見つかれば死刑になる、そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ミトロヒンの生い立ちやKGBで経験した出来事などに迫ります。...
別窓で開く


<前へ1次へ>