本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│11〜20位】大商大の左右二枚看板、東京六大学屈指の強打者と大学生に好素材<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

【甲子園「注目投手」10人】 世代ナンバーワンの呼び声高い日本文理・田中が筆頭格。大阪桐蔭の川原&前田の二枚看板も必見<SLUGGER>
8月6日に開幕する全国高校野球選手権。高校生のドラフト候補にとっては最後の大きなアピールの場となるが、特に注目に値する投手を10人ピックアップした。●森谷大誠(札幌大谷3年/172cm・82kg/左投右打) 今夏に急浮上してきた本格派サウスポー。上背はないものの、たくましい体格から投げ込むストレート...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング|31〜50位】ランクアップした近江・山田をはじめ、この春に急成長した選手が評価上昇<SLUGGER>
前回は1月1日に公開した2022年ドラフト候補ランキング。今年のドラフトは、高校、大学、社会人とも絶対的な目玉は不在と言われているが、春のシーズンに大きくアピールした選手も少なくなかった。今回は高校野球の地方大会が本格化する前の段階でのランキングを発表したい。...
別窓で開く

【春季大会で大きく成長した高校生投手5選】苫小牧中央・斉藤はドラフト上位も狙える? 大阪桐蔭を破った武元も順調にステップアップ<SLUGGER>
目玉となるドラフト候補が不在と言われた今年のセンバツ高校野球。4月からは全国各地で春季大会が行われ、ようやく最後となった東北大会も終了したが、どんな顔ぶれが有望株として浮上してきたのか。投手、野手それぞれ5人ずつピックアップして紹介したいと思う。今回は投手編だ。...
別窓で開く

【2021ドラフト候補ランキング最終版:50〜31位】強打のブライトが順位急上昇、前川と鵜飼は圏外からランクイン!<SLUGGER>
1月と6月に公開した2021年ドラフト候補ランキングは今回が最終版だ。前回のランキング発表後に行なわれた高校野球の地方大会と甲子園大会、社会人野球日本選手権と都市対抗予選、大学野球の秋季リーグ戦を踏まえ、順位にも大きな変動があった。まずは50位から31位までを見ていこう。...
別窓で開く

【評価上昇!ドラフト候補10選:投手】小園、風間だけじゃない!手薄な左腕にも逸材多数
智弁和歌山の21年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。今年は国体も中止となり、U18侍ジャパンも結成しないことが決定したため高校生ドラフト候補がアピールする場は残されていないが、地方大会も含めて最後の夏に目立った選手を投手、野手10人ずつピックアップして紹介したい。今回は投手編だ。...
別窓で開く

【甲子園注目投手5人】大谷、佐々木に匹敵する素質の持ち主!ノースアジア大明桜・風間に続く存在は一体誰なのか<SLUGGER>
8月9日に開幕する夏の甲子園大会。今大会もプロのスカウトから注目を集める好投手が数多く出場する。その中でも、特に評価が高い5人をピックアップして紹介しよう。 投手、野手関係なく今大会で最も注目を集める選手と言えば、やはりノースアジア大明桜のエース・風間球打になるだろう。...
別窓で開く

【センバツ】大阪桐蔭vs智弁学園以外にも初日から激戦が!アマ野球ライター西尾典文が「注目6試合」の見どころをチェック
2月23日に出場32校の組み合わせ抽選会が行われた今年の選抜高校野球。同じ県から2校出場している宮城(仙台育英・柴田)、兵庫(神戸国際大付・東播磨)、奈良(智弁学園・天理)以外は地域性を考慮しないフリー抽選ということもあって、いきなり同一地区同士の対戦も発生することとなった。...
別窓で開く

【どこよりも早い2021ドラフト候補ランキング:31〜50位】都市対抗を沸かせた154キロ右腕など素材系の逸材に注目
コロナ禍の影響で昨年11月に予定されていた明治神宮大会は中止されたが、高校野球の秋季大会、大学野球の秋季リーグ、そして東京五輪の影響で冬開催となった都市対抗野球は無事に行われるなど、2021年のドラフト戦線は活発に動き始めている。実際、秋から冬にかけて評価を上げた選手も少なくない。...
別窓で開く

北海道の大学卓球界、有力新人選手がデビュー 第53回会長杯が開催
写真:会長杯優勝の女子・須藤未羽と男子・斉藤怜吏(ともに札幌大学)/提供:北海道学生卓球連盟大学卓球界では大会が再開し始めている。9月4日から行われた関西学生リーグに続き、6日、北海道学生卓球連盟は、第53回会長杯争奪卓球大会を開催した。男子は斉藤怜吏(札幌大学1年)、女子は須藤未羽(札幌大学3年)...
別窓で開く


<前へ1次へ>