本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「勝者としてローマを去った」ムヒタリアンの移籍で中田英寿に再脚光!「最初の会見でファルカンを知らないと…」
 7月2日、インテルは2021-22シーズンでローマとの契約が満了したヘンリク・ムヒタリアンが加入したことを発表した。 ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルでプレーしたムヒタリアンは、2019年夏にローマに移籍。計3シーズン在籍し、2021-22シーズンは欧州カンファレンスリーグ優...
別窓で開く

「国家の恥」から「国家の英雄」へ—— 82年W杯得点王、パオロ・ロッシが辿った数奇な人生
 天国と地獄を短期間で往復するジェットコースターのような現役生活だった。実際パオロ・ロッシは、1982年スペイン・ワールドカップ、運命のブラジル戦を振り返って語っていた。「あの瞬間に悪夢のような日々が終わった。当時私に対する誹謗中傷は絶えることがなく、真剣に引退を考えたこともある。だがそういう諸々の...
別窓で開く

ドラマでも描けそうにない百倍返しを実現—— 82年W杯得点王、パオロ・ロッシが辿った数奇な人生
 天国と地獄を短期間で往復するジェットコースターのような現役生活だった。実際パオロ・ロッシは、1982年スペイン・ワールドカップ、運命のブラジル戦を振り返って語っていた。「あの瞬間に悪夢のような日々が終わった。当時私に対する誹謗中傷は絶えることがなく、真剣に引退を考えたこともある。だがそういう諸々の...
別窓で開く

憧れのカズと映画鑑賞。プロとしての振る舞いも学ぶ【ファルカン・ジャパンの“10番”岩本輝雄の栄光と苦悩の記憶|EP2】
【前回までのあらすじ】 1994年の春に発足したファルカン・ジャパンで、岩本輝雄は日本代表に初選出される。当初は、嬉しさより驚き、楽しみより不安のほうが大きかったが、トレーニングを重ねていくうちに「選ばれたからには、試合に出てみたい」と思うようになっていた。——◆——◆——<エピソード2> ファルカ...
別窓で開く

「サッカーが嫌いに…」「物凄く辛かった」7か月で終焉したファルカンJAPANの真相【名勝負の後日談】
 暗中模索の代表監督選考は、いくつもの矛盾や疑問符を生み出した。「ドーハの悲劇」を経てJFA(日本サッカー協会)の強化委員会は「(ハンス)オフトでも修羅場の経験が不足していた」と総括し、後任に据えたのが1982年スペイン・ワールドカップで活躍したブラジルが誇る黄金のカルテットのひとり、ファルカンだっ...
別窓で開く

【名勝負の後日談】ヴェルディの天敵となった“堅守”マリノス。82セレソンの異分子がもたらした“1-0”の美学
 昨年横浜F・マリノスは、ふたりの得点王(仲川輝人とマルコス・ジュニオール)を誕生させるなど圧倒的な攻撃力を武器に4度目のリーグ制覇を遂げた。アンジェ・ポステコグルー監督は、クラブ史の流れを変える大胆な試みに成功したことになる。 横浜の前身となる日産自動車の歴史が本格的に動き出したのは、1974年に...
別窓で開く


<前へ1次へ>