本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのお家芸「偽旗作戦」の謎…チェチェン紛争でも“でっち上げ”疑惑が浮上
(決して懲りない(ロシアのプーチン大統領)/(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#61 相手の攻撃をでっち上げて、一方的に反撃する──。これがウクライナ侵攻で盛んにいわれた「偽旗作戦」の簡単な説明だろう。大義名分がないなら、つくってしまう。日本が南満州鉄道の線路を爆破して「中国の仕業...
別窓で開く

プーチン大統領はロシア国内では依然として高い支持率を誇っている。なぜロシア国民はプーチン大統領が好きなのか。テレビ東京の豊島晋作記者は「プーチン氏のプロパガンダがうまいだけではない。ロシア国民の多くは『強権的な独裁者のほうが、自由よりマシ』と考えているのだろう」という——。※本稿は、豊島晋作『ウクラ...
別窓で開く

ロシアはウクライナの首都キーウを1週間程度で攻略する計画だった。だが、戦況は膠着状態が続いている。なぜロシア軍はここまで弱いのか。テレビ東京の豊島晋作記者は「軍事力は世界第2位といわれるが、とてもそのレベルの軍隊とは思えない。ウクライナに苦戦している理由は4つある」という——。※本稿は、豊島晋作『ウ...
別窓で開く

右腕キリエンコは元リベラル派 暗殺された野党指導者の葬儀にサプライズ登場【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(1998年、35歳で首相になったセルゲイ・キリエンコ氏(右は当時のシラク仏大統領)/(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#53 ウクライナにおけるロシア占領地のキーマンとして前回、セルゲイ・キリエンコ大統領府第1副長官を紹介した。日本で聞き慣れない官職だが、プーチン大統領の右腕とし...
別窓で開く

反体制派リーダーとしてロシアで服役中! 「プーチンが最も恐れる男」ナワリヌイとは何者か
プーチン大統領の暴走を止めるのは、ウクライナの必死の抵抗か、大国の介入か。ただ、ロシア国民によるプーチン追放の可能性は、あまり語られていない。そんななか、同国の反体制派のリーダー、ナワリヌイを追ったドキュメンタリー映画が日本で封切られた。この映画で見えてくるのは、独裁体制と戦うことの苦難だ。...
別窓で開く

核抑止論の限界 東浩紀と小泉悠が国際世論の“感情化”に警鐘
国際世論の過熱が核応酬の危機をもたらす。東浩紀氏と小泉悠氏による対談「ロシアは絶対悪なのか」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年7月号より))◆ ◆ ◆■「人間は昔と変わらず残虐なことをする」小泉 東さんとお会いするのは僕が東さんの経営するゲンロンカフェにお邪魔したとき以来ですね。...
別窓で開く

なぜウクライナ侵攻に踏み切ったのか。戦争の最終的目標は何なのか。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の真意についてはまだ謎の部分が少なくないが、実は2003年からウクライナ攻撃を目指していたとの証言が2022年5月末に飛び出した。さらにウクライナ攻撃という強硬姿勢への転換の背景には、2003年のアメ...
別窓で開く

ロシアの暗部を熟知する“プーチンが最も恐れる男”が激白「彼は西側が折れてくるのを待っている」
 ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が、最も危険視する人物がいる。新興財閥「オリガルヒ」の筆頭として知られる実業家、ミハイル・ホドルコフスキー氏(58)だ。 ホドルコフスキーはソ連崩壊後、ボリス・エリツィン時代の民営化で国有資産を買収し、1990年代に30代の若さでユーコスを設立。...
別窓で開く

核ミサイルを発射すれば「ベルリンまで106秒」 ロシアの“脅し”…核が使用される条件とは?
「核ミサイルを発射すれば、ベルリンまで106秒」。ロシアのテレビでは女性キャスターが平然とそんな“脅し”を口にしているというから不気味である。戦況が膠着(こうちゃく)する中で対独戦勝記念日を迎えたプーチン大統領。追い詰められた独裁者は、核使用に踏み切るのか。※この記事にはショッキングな描写が含まれて...
別窓で開く

露軍が宇東部に非正規軍を集中投下か 過去に火炙りや斬首…戦争凄惨化の可能性
ロシアがチェチェン軍やワーグナーグループなど外部武装団体をウクライナ南東部と東部に集結させたと外信が報じた。これにより専門家たちは今回の戦争がより残酷になると主張した。18日(現地時刻)、英タイムズなど外信によると、残酷で悪名高いワーグナーグループがウクライナ東部戦線に集結した。...
別窓で開く


[ チェン チェチェン プーチン ] の関連キーワード

ウラジーミル ウクライナ チェチェン ベルリン プーチン
ロシア

<前へ1234次へ>