本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「他の誰も彼のようにはできない」旗手怜央の離脱にセルティックOBが見解。現地メディアも「中盤での動きは一級品」「特別な選手」
 セルティックの中盤において、旗手怜央が重要な存在なのは周知のとおりだ。その代わりを完全に務めることはできないとの声もある。 チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦で負傷交代を余儀なくされた旗手について、ブレンダン・ロジャーズ監督はクリスマス以降の復帰になると明かした。2か月は離脱となる重傷...
別窓で開く

「キョウゴは素晴らしい選手だ」ライバルの韓国代表FWが古橋亨梧を称賛!「毎日、練習で彼から学んでいる」
 現在のセルティックでストライカーを務めるのは、容易なことではない。古橋亨梧という絶対的なエースがいるからだ。だが、控えの韓国代表オ・ヒュンギュは古橋を称え、一緒にプレーしたいと話している。 昨季途中に加入し、公式戦21試合で7得点をあげたオだが、ブレンダン・ロジャーズ監督が新たに就任した今季は、ほ...
別窓で開く

「大きな痛手だ」「信じられないほど厳しい」旗手怜央の離脱にセルティックサポが悲嘆。クラブ批判も「リハビリ部門は欧州最悪」
 長期離脱の知らせは、セルティックのサポーターを不安にさせている。 ブレンダン・ロジャーズ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦で負傷した旗手怜央が、クリスマスまで復帰できない見込みと明かした。地元メディアは、旗手が戦列に戻るのは2024年になると報じている。 今季の旗手は夏...
別窓で開く

「J1年間MVPが苦しんでいる」セルティック岩田智輝の出番激減に地元メディアも驚き「ロジャース監督は気に入らないのか...」
 チャンピオンズリーグ(CL)の大舞台で、ようやく今季初の出場を果たした。だが、岩田智輝にとって、セルティックでの2年目が思い描いていたスタートになっていないのは確かだろう。 2022年のJ1で年間最優秀選手に輝いた岩田は、シーズン後にセルティックに加入。公式戦18試合に出場した。...
別窓で開く

「セルティックの放出候補」と海外メディアが指摘した日本人選手は?「本当に彼が入っていけるか?」
 移籍が成功するかは誰にも分からない。アンジェ・ポステコグルー体制のセルティックでは、古橋亨梧や旗手怜央、前田大然がチームの主力として確かな地位を手にした。だが、オーストラリア人指揮官が獲得した日本人選手の全員が、彼らのように活躍したわけではない。 とりわけ、旗手や前田と同じタイミングで加入した井手...
別窓で開く

セルティック、韓国人2選手の獲得を発表! 日韓だけで合計8人在籍に
セルティックは24日、江原FCから韓国人FWヤン・ヒョンジュン、釜山アイパークから同MFクォン・ヒョクギュを獲得したことを発表した。 発表によると、セルティックは国際的な承認を条件としてヤン・ヒョンジュンとクォン・ヒョクギュの両選手ともと2028年6月30日までとなる5年契約を締結。...
別窓で開く

前回2位と“王国”が8強で激突! クロアチアは日本戦から先発2人変更、ブラジルは韓国戦と同じスタメン
FIFAワールドカップカタール2022準々決勝クロアチア代表vsブラジル代表のスターティングメンバーが発表された。 初優勝を目指す前回2位のクロアチア代表と、20年ぶり6度目の優勝を目指す“王国”ブラジル代表が、ベスト4進出をかけて激突する。ラウンド16で日本代表とPK戦までもつれた激闘を演じたクロ...
別窓で開く

「ソウマが最大のサプライズだ」ブラジルメディアの日本通記者は森保JのW杯メンバーをどう見た? 原口ら“落選組”にも見解
 11月1日、カタール・ワールドカップに臨む日本代表のメンバー26人が発表された。 この一報に、ブラジル・メディア『globo』の日本通、チアゴ・ボンテンポ記者は「小さくない驚きを含むものであり、大迫勇也、古橋亨梧、原口元気、旗手怜央の落選というネガティブなサプライズが目立つ結果となった」と伝えてい...
別窓で開く

「なんというデュエルか」古橋亨梧とブラジル代表DFの対決に英メディアも注目!セルティック関心の板倉滉にも熱視線「ファンは注視するはず」
 日本代表は6月6日、キリンチャレンジカップでブラジルと対戦する。王国との一戦は、力をはかるのに絶好の機会だ。 森保一監督は前日会見で、公開練習のスタメン組が先発予定と明かした。前線では古橋亨梧が起用されるとみられる。セルティックのファンや関係者、メディアは、1年の王座奪還を果たした今シーズンのブレ...
別窓で開く

“静岡ダービー”勝利の立役者、鈴木唯人 20歳のエースが決めるべき時に決める存在に
「全体的に考える頭のスピードが全然違った。それに慣れて対応できれば、できるとも感じているので、考えるスピード、判断、次のプレーの選択肢を意識し続けることが大事。とにかく頭をフル回転させてできればいいのかなと思っています」 1月17日から21日にかけて千葉で行われた日本代表国内組合宿。...
別窓で開く


<前へ12次へ>