本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



デラネイ、セビージャからホッフェンハイムへのレンタルが決定「自分の役割を全うしたい」
ホッフェンハイムは30日、セビージャからデンマーク代表MFトーマス・デラネイがレンタル移籍にて加入することを発表した。契約期間は今シーズン終了時の2023年夏までとなっている。背番号は「17」に決まった。 ドルトムントに在籍していた2021年以来のブンデスリーガ復帰が決まったデラネイは、ホッフェンハ...
別窓で開く

オーストラリア代表、アーノルド監督が2026年W杯まで契約延長
オーストラリアサッカー協会は30日、グラハム・アーノルド監督と再契約締結を発表した。2026年のFIFAワールドカップまで指揮を執ることになる。 現在59歳のアーノルド監督は、現役時代にシャルルロワ(ベルギー)やサンフレッチェ広島などでプレー。現役引退後、オーストラリア代表のアシスタントコーチとして...
別窓で開く

ペレは戦争を2度止めた! 70年代“サッカーの王様”はコーラの次に有名な名前【特別寄稿】
(カタールW杯の韓国戦後にペレさんの横断幕を持つブラジルのネイマール(C)ロイター)【特別寄稿】リカルド・セティオン 昨年12月29日に82歳で死去した「サッカーの王様」ペレのひつぎが3日にサンパウロ州サントスの墓地に埋葬された。 ブラジルは大きな悲しみのうちに新年を迎えた。...
別窓で開く

G大阪、チュニジア代表FWジェバリが完全移籍加入「ガンバります!」…カタールW杯にも出場
ガンバ大阪は5日、チュニジア代表FWイッサム・ジェバリがオーデンセ(デンマーク)より完全移籍加入することを発表した。 1991年12月25日生まれで現在31歳のジェバリは、母国の強豪エトワール・サヘルの下部組織出身。2009年夏にトップチーム昇格を果たすと、その後はヴェルナモ(スウェーデン)やエルフ...
別窓で開く

「主審は拒否するべきだった」2つのVAR判定を米メディアが厳しく査定…独放送局は「エラーを生み出す不公平なシステム」と批判/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は昨年のカタール・ワールドカップで、話題を呼んだVAR判定を取り上げる。 カタール大会から新たに半自動オフサイドテクノロジーが登場するなど、サッカーの判定にはますますAIなどの技術が導入されることとなっ...
別窓で開く

町田、W杯で得点のFWデュークを岡山から獲得! 「J1昇格を達成させたい」
オーストラリア代表FWミッチェル・デュークが、ファジアーノ岡山からFC町田ゼルビアに完全移籍した。31日、両クラブが公式サイトで発表した。 1991年1月18日生まれのデュークは、母国のセントラルコースト・マリナーズでデビュー。2015年から2018年にかけては清水エスパルスでもプレーした。...
別窓で開く

森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

サッカー日本代表監督は“無責任なファン”に振り回される大変な職業 「日本人監督の方が適任」と思う理由とは(中川淳一郎)
 サッカー日本代表の監督って実に大変な仕事だと、森保一監督への評価を見てしみじみと感じました。大会開始前は「五輪代表監督とA代表監督の兼任は難しい」「サンフレッチェ広島時代の成功体験である3−4−3のフォーメーションに拘泥し過ぎている」「固定の選手しか使わない」と酷評されたものです。...
別窓で開く

W杯後初のFIFAランクが発表! 日本はアジアトップの20位、モロッコは11位に浮上…1位はブラジルがキープ
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。 FIFAワールドカップカタール2022でドイツやスペインを撃破し、世界に大きな衝撃を与えた日本は前回から順位を4つ上げて、アジア最上位となる20位に君臨。なお、前回までアジア最上位に付けていたイランは24位に順位を下げている...
別窓で開く

「あの長友か?」「マラドーナとともに」「出てたら優勝できた」…イタリア人が見たカタールW杯
 FIFAランキングトップ10内で、唯一カタールW杯に出場しなかった国、イタリア。大会前は、無理とわかっていても、もしかしたら出場できるのではないかと、わずかな希望を持ちさえしたものだ。...
別窓で開く