本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全豪OPの本戦に第31シードの西岡、ダニエル、綿貫、内島が出場!【1月16日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
1月16日からの週は、男女とも今シーズン最初のグランドスラム「全豪オープン」が開催される。 日本人選手男子選手は、西岡良仁(世界ランキング33位)とダニエル太郎(同95位)が本戦ストレートイン。綿貫陽介(138位)は予選を勝ち上がり、自身初めてのグランドスラム本戦出場を決めた。 一方、内田海智、野口...
別窓で開く

「主審は拒否するべきだった」2つのVAR判定を米メディアが厳しく査定…独放送局は「エラーを生み出す不公平なシステム」と批判/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は昨年のカタール・ワールドカップで、話題を呼んだVAR判定を取り上げる。 カタール大会から新たに半自動オフサイドテクノロジーが登場するなど、サッカーの判定にはますますAIなどの技術が導入されることとなっ...
別窓で開く

2023テニスシーズン開幕!西岡良仁は若手注目のルネと、日比野菜緒はコビニッチと対戦【1月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
 いよいよ2023年のテニスシーズンが開幕した。 1月1日からの週は、男子の「タタ・オープン・マハラシュトラ」(1月2日〜8日/インド・プネー)、女子の「ASBクラシック」(1月2日〜8日/ニュージーランド・オークランド)、男女共通の「アデレード国際1」(1月1日〜8日/オーストラリア・アデレード)...
別窓で開く

英紙が「W杯の活躍で飛躍が見込まれる選手」を32か国から一人ずつ選出!日本代表から選ばれたのは、堂安や三笘ではなく…
 ワールドカップでのパフォーマンスは、次のキャリアにつながる可能性がある。 英紙『Daily Mail』は12月29日、カタール・ワールドカップに出場した全32チームから、大会での出来を踏まえて飛躍が見込まれる選手をひとりずつ選出した。日本代表からは、切り札として躍動した堂安律や三笘薫を抑え、デュッ...
別窓で開く

中国のW杯視聴率ランキング、決勝を抑えて日本対ドイツがなんと1位に!「隣人がコテンパンにされるのを期待してたけど…」「にわかファンが多すぎる」
 中国のスポーツメディア『PP体育』が12月26日、中国国営中央テレビ(CCTV)が発表したカタール・ワールドカップの視聴率ランキングの結果を報じている。 アルゼンチン対フランスの決勝を抑えてトップだったのは、なんとグループステージ初戦のドイツ対日本。中国では21時キックオフという見やすい時間帯だっ...
別窓で開く

福西崇史がW杯現地取材で感じたカタールの空気「ひとつの街でこれほどたくさんの国のユニフォームを見たのは初めて」
カタールワールドカップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボ...
別窓で開く

<サッカー>カタールW杯、中国で視聴率トップは決勝戦ではなく日独戦
中国国営中央テレビ(CCTV)で生中継されたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の試合で、視聴率トップは決勝のアルゼンチン対フランス戦ではなく1次リーグの日本対ドイツ戦だった。中国スポーツメディアの新浪体育によると、「生放送注目度」でトップだったのが11月23日午後9時(北京時間)開始の1次...
別窓で開く

W杯後初のFIFAランクが発表! 日本はアジアトップの20位、モロッコは11位に浮上…1位はブラジルがキープ
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。 FIFAワールドカップカタール2022でドイツやスペインを撃破し、世界に大きな衝撃を与えた日本は前回から順位を4つ上げて、アジア最上位となる20位に君臨。なお、前回までアジア最上位に付けていたイランは24位に順位を下げている...
別窓で開く

「4年に一度なんだ!」仏代表FWエムバペが劣勢で迎えたHTに仲間を叱咤激励! アルゼンチン戦、反撃の狼煙となったアツい“スピーチ”が話題
 カタール・ワールドカップ(W杯)で連覇を逃しながらも、準優勝に輝いたフランス代表。グループステージのチュニジア戦以外に勝利し、最後にリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表と対戦した。 だが、満を持して臨んだ決勝で、フランスは前半だけで2失点。シュートも1本も打てず、劣勢に追い込まれた。...
別窓で開く

「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く