本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーストラリア代表、アーノルド監督が2026年W杯まで契約延長
オーストラリアサッカー協会は30日、グラハム・アーノルド監督と再契約締結を発表した。2026年のFIFAワールドカップまで指揮を執ることになる。 現在59歳のアーノルド監督は、現役時代にシャルルロワ(ベルギー)やサンフレッチェ広島などでプレー。現役引退後、オーストラリア代表のアシスタントコーチとして...
別窓で開く

「推してまう」G大阪に完全移籍のチュニジア代表ジェバリ、日本語あいさつツイートに脚光!「なんかとっても紳士的な感じやなぁ」
 ガンバ大阪は1月5日、チュニジア代表FWイサム・ジェバリが、デンマークのオーデンセより完全移籍加入すると発表した。 186センチとサイズに恵まれている31歳のジェバリは、2009年に母国クラブでプロデビュー。その後は、スウェーデンやノルウェー、サウジアラビアでプレー。19年の7月からオーデンセに在...
別窓で開く

G大阪、チュニジア代表FWジェバリが完全移籍加入「ガンバります!」…カタールW杯にも出場
ガンバ大阪は5日、チュニジア代表FWイッサム・ジェバリがオーデンセ(デンマーク)より完全移籍加入することを発表した。 1991年12月25日生まれで現在31歳のジェバリは、母国の強豪エトワール・サヘルの下部組織出身。2009年夏にトップチーム昇格を果たすと、その後はヴェルナモ(スウェーデン)やエルフ...
別窓で開く

広島、外国籍の4選手と契約を更新! ソティリウ、ベン・カリファ、エゼキエウ、ドウグラス・ヴィエイラが来季も広島でプレー
サンフレッチェ広島は4日、ピエロス・ソティリウ、ナッシム・ベン・カリファ、エゼキエウ、ドウグラス・ヴィエイラの4選手と2023シーズンの契約更新で合意したと発表。 ソティリウは現在29歳で、キプロス出身のFW。APOEL(キプロス)や、コペンハーゲン(デンマーク)、ルドゴレツ(ブルガリア)など、欧州...
別窓で開く

2023テニスシーズン開幕!西岡良仁は若手注目のルネと、日比野菜緒はコビニッチと対戦【1月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
 いよいよ2023年のテニスシーズンが開幕した。 1月1日からの週は、男子の「タタ・オープン・マハラシュトラ」(1月2日〜8日/インド・プネー)、女子の「ASBクラシック」(1月2日〜8日/ニュージーランド・オークランド)、男女共通の「アデレード国際1」(1月1日〜8日/オーストラリア・アデレード)...
別窓で開く

英紙が「W杯の活躍で飛躍が見込まれる選手」を32か国から一人ずつ選出!日本代表から選ばれたのは、堂安や三笘ではなく…
 ワールドカップでのパフォーマンスは、次のキャリアにつながる可能性がある。 英紙『Daily Mail』は12月29日、カタール・ワールドカップに出場した全32チームから、大会での出来を踏まえて飛躍が見込まれる選手をひとりずつ選出した。日本代表からは、切り札として躍動した堂安律や三笘薫を抑え、デュッ...
別窓で開く

W杯後初のFIFAランクが発表! 日本はアジアトップの20位、モロッコは11位に浮上…1位はブラジルがキープ
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。 FIFAワールドカップカタール2022でドイツやスペインを撃破し、世界に大きな衝撃を与えた日本は前回から順位を4つ上げて、アジア最上位となる20位に君臨。なお、前回までアジア最上位に付けていたイランは24位に順位を下げている...
別窓で開く

「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く

サッカーW杯カタール大会、日本は9位=中国ネット「3度目の9位?」「中国は…」
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場した全32チームの試合結果(PK戦は引き分け扱い)に基づくランキングで日本が9位に入ったことが中国でも注目されている。中国スポーツメディアの直播?(zhibo8)や虎撲(hupu)が18日に行われた決勝戦後に報じたもので、ランキングは次の通り。...
別窓で開く

W杯決勝、フランスのコンディションに大問題発生? 試合を決めるのはメッシ・エムバぺ“以外”か
11月21日に開幕し、各国が熱戦を繰り広げてきたサッカーカタールW杯。大会の締めくくりとなる19日0時からの決勝はアルゼンチン対フランスという対戦カードになった。 アルゼンチンはグループC初戦・サウジアラビア戦を「1-2」で落とすというまさかの立ち上がりとなったが、メキシコ(2-0)、ポーランド(2...
別窓で開く