本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーストラリア代表、アーノルド監督が2026年W杯まで契約延長
オーストラリアサッカー協会は30日、グラハム・アーノルド監督と再契約締結を発表した。2026年のFIFAワールドカップまで指揮を執ることになる。 現在59歳のアーノルド監督は、現役時代にシャルルロワ(ベルギー)やサンフレッチェ広島などでプレー。現役引退後、オーストラリア代表のアシスタントコーチとして...
別窓で開く

全豪OPの本戦に第31シードの西岡、ダニエル、綿貫、内島が出場!【1月16日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
1月16日からの週は、男女とも今シーズン最初のグランドスラム「全豪オープン」が開催される。 日本人選手男子選手は、西岡良仁(世界ランキング33位)とダニエル太郎(同95位)が本戦ストレートイン。綿貫陽介(138位)は予選を勝ち上がり、自身初めてのグランドスラム本戦出場を決めた。 一方、内田海智、野口...
別窓で開く

「将来に向けて楽しみな事」大坂なおみがSNSで妊娠報告&来季の復帰を明言。シフィオンテクら選手も祝福!<SMASH>
現地1月11日、女子テニス元世界ランク1位の大坂なおみ(現47位)が自身の公式SNSを更新。第1子の妊娠を公表した。 昨年9月の東レパンパシフィックオープン・シングルス2回戦を腹痛により棄権して以降、ツアー大会には出場していない25歳の大坂。今月16日から29日まで開催される年内最初のテニス四大大会...
別窓で開く

大坂なおみ過去2度V全豪OP欠場の深層…3年連続「稼ぎの女王」でもうお腹いっぱい?
(昨年東レは2回戦を棄権(C)共同通信社)「テニス選手にとって何より重要なのは、チーム体制がしっかりしていることです。そのチーム体制が崩壊しているのですから、実戦から遠ざかっていることも含めて復活はほとんど不可能でしょうね」 こう言うのはスポーツライターの武田薫氏。テニスの全豪オープン(16日開幕)...
別窓で開く

21歳の内島萌夏が全豪OPワイルドカードを獲得し、四大大会本戦に初出場!「ベストを尽くします!」<SMASH>
今年最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の開幕が迫っている。大会主催者はこのほどアジア・パシフィック枠の本戦ワイルドカード(主催者推薦)を発表。男子はウー・イービン(中国)、女子は日本の内島萌夏(安藤証券)を選出した。内島はキャリア初の...
別窓で開く

2023テニスシーズン開幕!西岡良仁は若手注目のルネと、日比野菜緒はコビニッチと対戦【1月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
 いよいよ2023年のテニスシーズンが開幕した。 1月1日からの週は、男子の「タタ・オープン・マハラシュトラ」(1月2日〜8日/インド・プネー)、女子の「ASBクラシック」(1月2日〜8日/ニュージーランド・オークランド)、男女共通の「アデレード国際1」(1月1日〜8日/オーストラリア・アデレード)...
別窓で開く

町田、W杯で得点のFWデュークを岡山から獲得! 「J1昇格を達成させたい」
オーストラリア代表FWミッチェル・デュークが、ファジアーノ岡山からFC町田ゼルビアに完全移籍した。31日、両クラブが公式サイトで発表した。 1991年1月18日生まれのデュークは、母国のセントラルコースト・マリナーズでデビュー。2015年から2018年にかけては清水エスパルスでもプレーした。...
別窓で開く

英紙が「W杯の活躍で飛躍が見込まれる選手」を32か国から一人ずつ選出!日本代表から選ばれたのは、堂安や三笘ではなく…
 ワールドカップでのパフォーマンスは、次のキャリアにつながる可能性がある。 英紙『Daily Mail』は12月29日、カタール・ワールドカップに出場した全32チームから、大会での出来を踏まえて飛躍が見込まれる選手をひとりずつ選出した。日本代表からは、切り札として躍動した堂安律や三笘薫を抑え、デュッ...
別窓で開く

中国のW杯視聴率ランキング、決勝を抑えて日本対ドイツがなんと1位に!「隣人がコテンパンにされるのを期待してたけど…」「にわかファンが多すぎる」
 中国のスポーツメディア『PP体育』が12月26日、中国国営中央テレビ(CCTV)が発表したカタール・ワールドカップの視聴率ランキングの結果を報じている。 アルゼンチン対フランスの決勝を抑えてトップだったのは、なんとグループステージ初戦のドイツ対日本。中国では21時キックオフという見やすい時間帯だっ...
別窓で開く

福西崇史がW杯現地取材で感じたカタールの空気「ひとつの街でこれほどたくさんの国のユニフォームを見たのは初めて」
カタールワールドカップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボ...
別窓で開く


[ チュニジア オーストラリア ] の関連キーワード

オーストラリア smash カタール ダニエル ドイツ
なおみ 日比野