本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



冷遇されるも見事に全米OPの頂点に立ったシフィオンテク。最後は大会側の粋な計らいに笑顔「誰が入れてくれたの?」<SMASH>
銀のトロフィーを高々と掲げるイガ・シフィオンテクに、煌びやかな紙テープと共に、万雷の拍手が降り注いだ。観客席のそこかしこでは、赤と白のポーランド国旗が揺れる。 セレナ・ウィリアムズの引退興行的な熱に沸いた一週目を経て、大会13日目に迎えた女子決勝戦。最後にセンターコートに立ち、2万5千人に迫る大観衆...
別窓で開く

四大大会23勝の元女王セレナ・ウィリアムズが近く引退することを表明「これからの数週間を楽しむつもり」<SMASH>
女子テニス元世界ランク1位のセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)が母国の大手ファッション誌『VOGUE』に寄稿。その中で近く現役を退く意向を示した。 四大大会23勝、WTAツアーで72勝という驚異的な成績を残している40歳のセレナ。...
別窓で開く

「大脱走」公開(1963年7月4日)
 映画「大脱走」(The Great Escape)は第二次世界大戦中のドイツの捕虜収容所から連合軍将校達の集団脱走を描いた1963年公開のアメリカ映画です。ジョン・スタージェス監督、主演スティーヴ・マックィーンをはじめジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン 、ジェームズ・コバーン 、リチャー...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

<2020ベストヒット!>「一片の悔いもない」元1位のウォズニアッキが思い出深い全豪オープンでキャリアに幕。会場に響いた『スイート・キャロライン』
2020年のスポーツ界における名場面を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は1月の全豪オープンで現役引退をしたキャロライン・ウォズニアッキの引退記事をピックアップ。勝つたびに幾度とコートに流れた『スイート・キャロライン』とともに、彼女のキャリアを振り返る。...
別窓で開く

大坂なおみが女子テニスの年間最優秀選手賞にノミネート。他の賞の候補者も発表!
WTA(女子テニス協会)が年間アワードの候補者を発表。年間最優秀選手に大坂なおみがノミネートされた。 WTAプレーヤーオブザイヤー(年間最優秀選手)の候補に挙がっているのは、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、シモナ・ハレップ(ルーマニア)、ソフィア・ケニン(アメリカ)、大坂なおみ(日本)、アリー...
別窓で開く

「あなたに求めるのはほんの少しの配慮だけ」下位選手支援否定のティームに真っ向から反対する、アルジェリア人女子選手に世界中から称賛の声【テニス】
新型コロナウイルスの影響で、スポーツ界の多くがシーズンを中断している。毎大会の成績ごとに得られる賞金が変わってくる、個人スポーツであるテニスにおいては、スポンサーのついていない選手は大会に出られなければ収入がない。 大きな大会で好成績を上げ、一度に莫大な賞金を手にした選手や、長い期間に安定した成績を...
別窓で開く


<前へ1次へ>