本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーストラリア代表、アーノルド監督が2026年W杯まで契約延長
オーストラリアサッカー協会は30日、グラハム・アーノルド監督と再契約締結を発表した。2026年のFIFAワールドカップまで指揮を執ることになる。 現在59歳のアーノルド監督は、現役時代にシャルルロワ(ベルギー)やサンフレッチェ広島などでプレー。現役引退後、オーストラリア代表のアシスタントコーチとして...
別窓で開く

125ヵ国訪れた旅人が日本の「ハラルマーケット」で買ったものとは?『旅人マリーシャの世界一周紀行』第344回
なんと「不老不死の食材」ゲットしました!みなさん、こんにちは。前回は、ムスリム(イスラム教徒)御用達のハラルフードスーパーマーケット、埼玉県三郷市にある「ボンゴバザール」へ行ったお話をしましたが、新年早々爆買いスイッチオンで総額1万円以上購入してしまいました!今回はその中から旅人がオススメする異国の...
別窓で開く

冬の市場で主役に? 欧州上陸の可能性が高いブラジル国内の逸材4選。W杯にも出場したストライカーが一番人気か
 カンピオナット・ブラジレイロ(ブラジル全国リーグ)のシーズン終了後に迎える1月の移籍マーケットは、選手にとってステップアップに踏み切るひとつのタイミング。実際、ここを好機と捉えて欧州に旅立つプレーヤーは少なくなく、この冬もそれは変わらない。  欧州行きが時間の問題と目されているのが、W杯...
別窓で開く

21歳の内島萌夏が全豪OPワイルドカードを獲得し、四大大会本戦に初出場!「ベストを尽くします!」<SMASH>
今年最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の開幕が迫っている。大会主催者はこのほどアジア・パシフィック枠の本戦ワイルドカード(主催者推薦)を発表。男子はウー・イービン(中国)、女子は日本の内島萌夏(安藤証券)を選出した。内島はキャリア初の...
別窓で開く

2022年、世界人口は80億人を突破したと国連が発表しました。70億人からわずか11年、このまま人間が増えると、環境問題、食料問題をはじめ「地球は大丈夫なのか?」と懸念する声にあふれています。80億人の世界人口に関して、超長期で断言できることはあるのでしょうか?『米国防総省・人口統計コンサルタントの...
別窓で開く

中国のW杯視聴率ランキング、決勝を抑えて日本対ドイツがなんと1位に!「隣人がコテンパンにされるのを期待してたけど…」「にわかファンが多すぎる」
 中国のスポーツメディア『PP体育』が12月26日、中国国営中央テレビ(CCTV)が発表したカタール・ワールドカップの視聴率ランキングの結果を報じている。 アルゼンチン対フランスの決勝を抑えてトップだったのは、なんとグループステージ初戦のドイツ対日本。中国では21時キックオフという見やすい時間帯だっ...
別窓で開く

福西崇史がW杯現地取材で感じたカタールの空気「ひとつの街でこれほどたくさんの国のユニフォームを見たのは初めて」
カタールワールドカップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボ...
別窓で開く

森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

<サッカー>カタールW杯、中国で視聴率トップは決勝戦ではなく日独戦
中国国営中央テレビ(CCTV)で生中継されたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の試合で、視聴率トップは決勝のアルゼンチン対フランス戦ではなく1次リーグの日本対ドイツ戦だった。中国スポーツメディアの新浪体育によると、「生放送注目度」でトップだったのが11月23日午後9時(北京時間)開始の1次...
別窓で開く

W杯後初のFIFAランクが発表! 日本はアジアトップの20位、モロッコは11位に浮上…1位はブラジルがキープ
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。 FIFAワールドカップカタール2022でドイツやスペインを撃破し、世界に大きな衝撃を与えた日本は前回から順位を4つ上げて、アジア最上位となる20位に君臨。なお、前回までアジア最上位に付けていたイランは24位に順位を下げている...
別窓で開く