本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シーズンの半分を終えたJリーグにセルジオ越後「Jリーグ前半戦のグッドサプライズは柏。若手が躍動しているね」
Jリーグがシーズンの半分を終えた。今回は上位陣を中心に取り上げたい。まず良いサプライズは、柏の躍進だね(17節終了時点で4位)。昨季は主力の移籍などもあり15位と低迷。今季も大型補強をしたわけではない。開幕前の下馬評は低く、J1残留が現実的な目標という見方もあった。ところがフタを開ければ、チャンスを...
別窓で開く

橘田健人は“旗手怜央の道”を辿れるか マルチな能力に磨きをかけて国際舞台へ
AFCチャンピオンズリーグはグループステージ敗退、天皇杯3回戦でもまさかの苦杯を喫するなど、今季は苦戦が続く川崎フロンターレ。肝心のJ1も序盤に横浜F・マリノスとセレッソ大阪に大敗し、5月21日のサガン鳥栖戦からは3戦未勝利と、盤石とは言えない展開を余儀なくされている。 停滞感を打破すべく、鬼木達監...
別窓で開く

川崎F、首位・横浜FMと勝ち点差「3」に…山根視来の先制点守りきれず磐田とドロー
明治安田生命J1リーグ第18節が25日に行われ、川崎フロンターレとジュビロ磐田が対戦した。 首位横浜F・マリノスを追いかける川崎Fが序盤から押し込む展開に。最初の決定機は16分、ショートコーナーの流れから大島僚太がゴールに向かうクロスを供給。谷口彰悟が頭で合わせたが、枠を捉えていたシュートは相手GK...
別窓で開く

川崎、山根が先制弾も逃げ切れず。磐田、終盤に遠藤のCKから伊藤が同点弾!1−1のドロー決着
 Jリーグは6月25日、J1第18節の3試合を各地で開催。等々力陸上競技場では川崎フロンターレ対ジュビロ磐田が行なわれ、1−1の引き分けに終わった。 両チームのメンバーは以下のとおり。...
別窓で開く

東京Vに下剋上を許し天皇杯も早期敗退。リーグ王者・川崎が苦戦する背景
[天皇杯・3回戦]川崎0-1東京V/6月22日/等々力陸上競技場  歓喜に揺れるグリーンと、雨に沈むブルー。そのコントラストをより際立たせたのは、片やJ2で苦戦し監督交代(堀孝史監督から城福浩監督)を決断したばかりのチーム、片やJ1を連覇中のチームという背景とともに、かつては同じ川崎の町を本拠地にし...
別窓で開く

「凄すぎて意味分かんなかった」小林悠の華麗なバイシクル弾に反響!「ご飯3杯いけるぞ!」
 逆転劇を呼び込んだのは34歳ストライカーの華麗な一撃だった。 川崎フロンターレは6月18日、J1リーグ第17節で北海道コンサドーレ札幌とホームで対戦。5−2で勝利を収めた。 結果的に大差がついたとはいえ、2度のリードを許す苦しい展開のなか、1点ビハインドで迎えた69分に美しい同点弾を決めたのが小林...
別窓で開く

川崎が4試合ぶりの白星! 小林&家長が2ゴールずつを挙げ、札幌に5−2の逆転勝利!
 J1リーグは6月18日、第17節の9試合を各地で開催。等々力陸上競技場では川崎フロンターレ対北海道コンサドーレ札幌が行なわれ、5−2で川崎が勝利を収めた。 2連敗中のチーム同士の対戦。昨季J1王者の川崎は、チャナティップが先発出場を果たし、昨シーズンまで在籍していた札幌との初めての古巣戦に。...
別窓で開く

Jリーグ再開で福田正博の注目は外国人監督。3人に共通する「優れたバランス感覚」
福田正博 フットボール原論■J1は6月18日の第17節からリーグが再開する。シーズンのちょうど中盤に差し掛かり、現在の注目はどんなところになるのか。福田正博氏は混戦になりそうな優勝争いを指摘しつつ、今季は外国人監督の手腕が面白いという。来日後にチームを好転させてきている、サンフレッチェ広島のスキッベ...
別窓で開く

「やっぱり水色が似合う」川崎に“謎の練習生”が現われファン歓喜!「めっちゃ心拍数上がったw」
 5月31日、川崎フロンターレが公式ツイッターを更新。「またまた、謎の練習生??」と題し、三笘薫に続き、ベルギー1部のロイヤル・アントワープFCに所属する元川崎の三好康児が、麻生グラウンドを訪れたことを報告した。 2015年に川崎のユースからトップチームに昇格した三好は、その後、北海道コンサドーレ札...
別窓で開く

【川崎】今季3度目の4失点で大敗。リーグ3連覇を目指す王者に何が起こっているのか
[J1第15節]川崎0−4湘南/5月25日/等々力陸上競技場 昨季リーグ戦2敗だった王者が、早くも今季3敗目を喫した。しかも敗戦した試合はすべて4失点だ。 昨季の後半戦も苦戦はしたが、ここ2年の独走優勝が異次元すぎたとは言えるのだろう。ただ、今回の湘南戦のように失点するとタガが外れたように崩れてしま...
別窓で開く


[ チャナティップ ] の関連キーワード

天皇杯 ドロー