本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



多極化に向かう世界での中国共産党の役割に期待=元神奈川県副知事
この7月1日で中国共産党は創立101周年を迎えます。元神奈川県副知事でアジアサイエンスパーク協会名誉会長の久保孝雄氏は、中国共産党が中国の国家建設と世界の多極化に果たしてきた貢献について、前向きに評価しています。...
別窓で開く

「大連から貨物船に乗って行ったよ。船の底に乗っていったんです」 密航者と売春で溢れたかつての“横浜・中華街のリアル”
 赤レンガ倉庫、みなとみらいが港沿いに広がる洗練された街・横浜。異国情緒あふれる中華街に、スポーツファンで溢れる横浜スタジアムもあり、有数の観光スポットでもある。しかし、その歴史を紐解くと、売春や麻薬、ストリップ劇業に革命家の隠れ家といったカオスな日常があった——。...
別窓で開く

王毅外相の後任を巡り、中国共産党は大モメ 習近平体制は決して盤石ではない
「習近平一強体制」……。秋の中国共産党大会を前に、日本メディアは一様にそう報じている。しかし、本当にそうだろうか。中国ウォッチャーたちはいま、ある人事の動きに注目をしている。外相の後任をめぐり、異例の事態が起きているのだ。【武田一顕 ジャーナリスト・映画監督】 中国共産党は5年に一度、北京で党大会を...
別窓で開く

中国当局の検閲が原因か、著名インフルエンサーのライブ配信が突然中断されてしまう 「アイスクリームまで検閲対象にする中国共産党」「今頃監禁されてるな」
台湾(Taiwan)、チベット(Tibet)、天安門(Tiananmen)の“3つのT(The Three Ts)”に関して敏感だと言われている中国当局の検閲。https://twitter.com/CBSNews/status/1534192207158292480英語圏ではAustin Liとし...
別窓で開く

習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く

対北朝鮮制裁を堂々と破る国連常任理事国の中国が対露軍事支援に踏み切る必然 ウクライナ戦争によって「大きな北朝鮮」と化すロシアで得る習近平の漁夫の利
(岩田 太郎:在米ジャーナリスト) 隣国ウクライナを侵略したウラジーミル・プーチン大統領率いるロシアの残忍性が、首都キーウ近郊の街々における虐殺でますます浮き彫りとなっている。ロシアに味方する国はジェノサイドに加担していると見られかねない状況だ。 ここで注目されるのは、中立を装う中国の本心である。...
別窓で開く

ウクライナ危機の影に潜む「チャイナリスク」! それは、世界「食糧危機」を招くのか?
世界中がロシアのウクライナ侵攻に目を奪われている間に、別の世界経済の危機が進行しているようだ。チャイナリスクだ。ウクライナ情勢の悪化と中国経済の減速は、まず世界の食糧危機という意外なかたちから打撃を与えてくるかもしれない。いったいどういうことか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

【コラム】今、北海道で「静かに」起こっていることー中国の侵略(5)
 <町ごと買収>中国は、日本の中に、手始めに「居留地」を作ろうとしている。 「居留地」とは…イメージとして江戸時代に長崎にあった出島を想像してみるとわかりやすいかもしれない。鎖国された日本の中に外国人を生活させることはご法度(内地雑居を認めない国家≒鎖国)。条約を作って、外国人の営業と居住を認めた地...
別窓で開く

“痴情のもつれ”を火消しできず大ダメージに 〜「彭帥事件」は中国・習近平体制が抱える問題の症例
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月14日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司氏が出演。月刊「文藝春秋」にも寄稿した彭帥事件の真相について解説した。...
別窓で開く

台湾選手団「北京冬季五輪開幕式出席」順序は香港の次か?=韓国報道
台湾選手団が立場を変え、2022北京冬季五輪の開閉式に参加することになった。台湾選手団は、開催国のアルファベット順に応じ、香港の次に入場するとみられる。1日、台湾中央通信によると、台湾オリンピック組織委員会は「体育署と協議を通じて計画を調整、冬季五輪開閉式に選手団を送ることにした」と明らかにした。...
別窓で開く


[ チャイナ 共産党 ] の関連キーワード

ウクライナ 中国共産党 チャイナ リアル 北朝鮮
神奈川 ロシア 北海道

<前へ12345次へ>