本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



王毅外相の後任を巡り、中国共産党は大モメ 習近平体制は決して盤石ではない
「習近平一強体制」……。秋の中国共産党大会を前に、日本メディアは一様にそう報じている。しかし、本当にそうだろうか。中国ウォッチャーたちはいま、ある人事の動きに注目をしている。外相の後任をめぐり、異例の事態が起きているのだ。【武田一顕 ジャーナリスト・映画監督】 中国共産党は5年に一度、北京で党大会を...
別窓で開く

日本の有識者、ウクライナ情勢の平和的解決を呼びかけ
ロシアとウクライナの軍事衝突の長期化に対し、日本の有識者たちから「当面の急務は対話を通じて平和を取り戻すことだ。米国は火に油を注ぐような言動をやめるべきだ」との声があがっています。筑波大学の新藤栄一名誉教授は中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の取材に対し、「ウクライナ戦争で最大...
別窓で開く

米、物価高抑止狙い対中関税減免へ=世界を覆うインフレ圧力—ウクライナ侵攻で資源・食料急騰
世界主要国をインフレが覆い始めた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めで米長期金利の上昇が加速。米株式をはじめ世界の市場が巻き込まれ混乱している。ロシアによるウクライナ侵攻の影響もあり、3月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.5%も上昇、約40年ぶりの高水準だった。資源高によるガソリン価...
別窓で開く

習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く

「経済重視」といって中国リスクから目を背けることはもうできない
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが中国リスクについて指摘する。* * *国の根幹をなすエネルギーをロシアからの輸入に依存していたドイツの現状を見ると、あらためて「カントリーリスク」の重大さを考えさせられます。...
別窓で開く

対北朝鮮制裁を堂々と破る国連常任理事国の中国が対露軍事支援に踏み切る必然 ウクライナ戦争によって「大きな北朝鮮」と化すロシアで得る習近平の漁夫の利
(岩田 太郎:在米ジャーナリスト) 隣国ウクライナを侵略したウラジーミル・プーチン大統領率いるロシアの残忍性が、首都キーウ近郊の街々における虐殺でますます浮き彫りとなっている。ロシアに味方する国はジェノサイドに加担していると見られかねない状況だ。 ここで注目されるのは、中立を装う中国の本心である。...
別窓で開く

「人民元の国際化」が進んで、世界はドル、ユーロ、人民元の三極通貨体制になる!?
新型コロナの"震源地"でありながら、世界的なパンデミックのなかでも経済のプラス成長を実現した、中国。その原動力となっているのが、今や日本のはるか先を行くといわれる中国社会の「デジタル化」だ。中国のDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略が中国経済だけでなく、社会のあり方をどのように変えたのか? ...
別窓で開く

ウクライナ危機の影に潜む「チャイナリスク」! それは、世界「食糧危機」を招くのか?
世界中がロシアのウクライナ侵攻に目を奪われている間に、別の世界経済の危機が進行しているようだ。チャイナリスクだ。ウクライナ情勢の悪化と中国経済の減速は、まず世界の食糧危機という意外なかたちから打撃を与えてくるかもしれない。いったいどういうことか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

「この不在期間は長すぎて不自然」3ヶ月間も姿を消していた駐日中国大使のナゾ…執務再開は“難題だらけ”の現実
「年明けから姿を消した」駐日中国大使が2ヶ月間も行方不明に…ナゾの異常事態に潜む“習近平の思惑” から続く 新年早々、任地の日本を出国した中国の孔鉉佑駐日大使が、3月30日に日本に戻ったと外務省が確認したことがわかった。隔離期間を経たのちに執務を再開するとみられている。...
別窓で開く

香港紙「対露制裁は韓国造船産業の競争力を低下させる」「中国に市場奪われる可能性高まる」
ロシアのウクライナ侵攻によって、世界造船市場で1位を争う韓中両国で悲喜が交錯しているとサウスチャイナモーニングポスト( SCMP)が28日報じた。韓国企業がロシアに対する西側諸国の制裁に参加し、中国企業が反射的利益を得るとの分析だ。...
別窓で開く


<前へ12次へ>