本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



多極化に向かう世界での中国共産党の役割に期待=元神奈川県副知事
この7月1日で中国共産党は創立101周年を迎えます。元神奈川県副知事でアジアサイエンスパーク協会名誉会長の久保孝雄氏は、中国共産党が中国の国家建設と世界の多極化に果たしてきた貢献について、前向きに評価しています。...
別窓で開く

「対立」と「協調する配慮」が並行 米中関係の複雑な状態
神奈川大学法学部・法学研究科教授でアジアの国際政治専門の大庭三枝が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。6月21日にアメリカで施行された「ウイグル製品輸入禁止法」について解説した。...
別窓で開く

中央広播電視総台などが共催する「中国映像祭」、多言語ドキュメンタリー50本余りを上映
中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)と文化観光部が共同主催する第1回「中国映像祭」(China Documentary Festival)の世界展示イベントが21日に開幕し、北京でセレモニーが行われました。...
別窓で開く

王毅外相の後任を巡り、中国共産党は大モメ 習近平体制は決して盤石ではない
「習近平一強体制」……。秋の中国共産党大会を前に、日本メディアは一様にそう報じている。しかし、本当にそうだろうか。中国ウォッチャーたちはいま、ある人事の動きに注目をしている。外相の後任をめぐり、異例の事態が起きているのだ。【武田一顕 ジャーナリスト・映画監督】 中国共産党は5年に一度、北京で党大会を...
別窓で開く

「自衛隊に中国系メーカーのPCが配られて唖然」「LINEの情報もダダ漏れ」“ファーウェイ排除”を進めない日本の超危険
「アメリカの成人80%の個人情報が盗まれている」スパイ工作で経済成長を目指す中国のヤバさ から続く 中国への情報漏えいを恐れて、本格的な「ファーウェイ排除」を進めるのがアメリカだ。2018年から同盟国に対し、5G通信機器などでファーウェイ製品の排除を要請している。ところが、この問題に対して日本は...
別窓で開く

日本の有識者、ウクライナ情勢の平和的解決を呼びかけ
ロシアとウクライナの軍事衝突の長期化に対し、日本の有識者たちから「当面の急務は対話を通じて平和を取り戻すことだ。米国は火に油を注ぐような言動をやめるべきだ」との声があがっています。筑波大学の新藤栄一名誉教授は中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の取材に対し、「ウクライナ戦争で最大...
別窓で開く

米、物価高抑止狙い対中関税減免へ=世界を覆うインフレ圧力—ウクライナ侵攻で資源・食料急騰
世界主要国をインフレが覆い始めた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めで米長期金利の上昇が加速。米株式をはじめ世界の市場が巻き込まれ混乱している。ロシアによるウクライナ侵攻の影響もあり、3月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.5%も上昇、約40年ぶりの高水準だった。資源高によるガソリン価...
別窓で開く

ウォール街も真っ青!米国株暴落...エコノミストが危ぶむ「チャイナリスク」と「ロシアリスク」ダブルパンチ
米国株暴落が止まらない。2022年5月9日、ついに今年の最安値を更新した。5月4日に米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを決めたことがきっかけだが、それだけではないようだ。いったい、米国経済に何が起こっているのか。エコノミストの分析を読み解くと——。■火をつけたのは「中国経済の...
別窓で開く

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。第一のグローバル化が終わった日は、ある程度正確に特定することができる。...
別窓で開く

習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>