本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米、物価高抑止狙い対中関税減免へ=世界を覆うインフレ圧力—ウクライナ侵攻で資源・食料急騰
世界主要国をインフレが覆い始めた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めで米長期金利の上昇が加速。米株式をはじめ世界の市場が巻き込まれ混乱している。ロシアによるウクライナ侵攻の影響もあり、3月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.5%も上昇、約40年ぶりの高水準だった。資源高によるガソリン価...
別窓で開く

中国にいる約9500万人の共産党員は、普段どのような活動をしているのか。中国在住経験のある経営学者の西村晋さんは「企業で働いている人でも、1カ月で6時間以上の学習、半年ごとに2本のレポート提出など、党員活動は『とても面倒で大変』というが、その代わりメリットもある』という——。※本稿は、西村晋『中国共...
別窓で開く

松本白鸚インタビュー なぜ高熱の日に最高の演技ができたのか
 継続は力なりと言う。しかし、続ける力こそ才能であり、我ら大衆にはそれがなかなかかなわない……。初演から実に53年、「ラ・マンチャの男」で主役を張り続けてきた松本白鸚氏(79)。ファイナル公演を終えた「継続の天才」が、自らの原点と生き方を語り明かす。 ***〈「50年以上やってきたんで、作品のテーマ...
別窓で開く

東京都目黒区に所在するオフィスビルやホテルなどの複合施設「目黒雅叙園」について、保有する中国政府系ファンドが売却を検討していることが東洋経済の取材でわかった。雅叙園は現在、SPC(特定目的会社)経由で中国の政府系ファンド、チャイナ・インベストメント・コーポレーション(CIC)が保有している。複数の不...
別窓で開く

ウォール街も真っ青!米国株暴落...エコノミストが危ぶむ「チャイナリスク」と「ロシアリスク」ダブルパンチ
米国株暴落が止まらない。2022年5月9日、ついに今年の最安値を更新した。5月4日に米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを決めたことがきっかけだが、それだけではないようだ。いったい、米国経済に何が起こっているのか。エコノミストの分析を読み解くと——。■火をつけたのは「中国経済の...
別窓で開く

世界一態度が悪いレストランの店員と仲良くなれるか試してみた
世の中には「料金以下のマズイめしを食わせるレストランには代金を払わねー」なんて人もいるかもしれませんが、態度が悪いレストランに入ってしまうとガッカリするものですよね。世界一態度が悪いレストラン『ウォンケイ』イギリスのロンドンには、世界一態度が悪いレストランとして悪名高い『ウォンケイ』(ワンケイとも呼...
別窓で開く

「客のほとんどが中国人」 埼玉・西川口の「ガチ中華」に挑戦してみた結果
かつて歓楽街として隆盛を極めた西川口(埼玉県川口市)。「埼玉の歌舞伎町」とも言われるほどの街だったのも今や昔。現在の西川口は新たなフェーズへと突入している。そう、今の西川口は街のいたるところに中国料理や中国食品の店が並ぶ「チャイナタウン」として熱い視線を注がれているのだ。 聞くところによると、西川口...
別窓で開く

松坂慶子“恋多き女”お色気レオタードと網タイツの中身【週刊実話お宝記事発掘】
松坂慶子 (C)週刊実話Web華奢(きゃしゃ)なイメージの“銀幕女優”が主流だったところにテレビが普及し、「グラマー」や「ボイン」が自慢のダイナミックな“TVスター”が登場。当時の『週刊実話』は彼女たちの「太もも」に着目していた。...
別窓で開く

小柳ルミ子「親のためには死ねないけど恋人のためだったら死ぬわ」【週刊実話お宝記事発掘】
小柳ルミ子 (C)週刊実話Web華奢(きゃしゃ)なイメージの“銀幕女優”が主流だったところにテレビが普及し、「グラマー」や「ボイン」が自慢のダイナミックな“TVスター”が登場。当時の『週刊実話』は彼女たちの「太もも」に着目していた。...
別窓で開く

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。第一のグローバル化が終わった日は、ある程度正確に特定することができる。...
別窓で開く