本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



文在寅前大統領が退任間際に制作した「自分ドキュメンタリー」の中身 前大統領の意外な一面に驚きも、韓半島の平和、K防疫、先進国入りなどを自賛
(羽田 真代:在韓ビジネスライター) 文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領職を退任するおよそ3週間前、青瓦台(大統領府)から「文在寅政権5年ドキュメンタリー」が5本公開された。この動画は4部構成で、5本目は特別版だ。それぞれ約1時間もある大作である。 制作はKTV(韓国制作放送院)が請け負っており、制...
別窓で開く

【コラム】故郷に錦を飾る最後のチャンスだったのに 韓国
 2022年2月1日、韓国では旧正月だ。韓国人は、新暦の1月1日ではなく、旧暦の元日に重きを置く(なんなら、2月4日の立春まで待ってもいいんじゃないかとすら思うのだが)。日本における盆暮れの民族大移動よろしく、韓国でもまた、たくさんのお土産を抱えて、国に帰る。 それは、まもなく任期を終える文在寅大統...
別窓で開く

北京冬季五輪の外交的ボイコットの選択を迫る米…韓国の立場、岐路に=韓国報道
韓国政府は米国が北京冬季オリンピックの「外交的ボイコット」を公式化した状況でも、北京五輪の開催の成功を支持するという従来の立場を再確認した。ただ、韓国から政府使節団を派遣するかどうかについては明言を避けた。北京五輪まであと3か月を残すのみとなった現在、立場の選択を強要するG2(米国・中国)の水面下の...
別窓で開く

こじれる「終戦宣言」「日韓関係」…苦しむ文大統領
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の任期内における「終戦宣言」と「日韓関係改善」構想が難航している。ジョー・バイデン米大統領が北京冬季オリンピックの「外交的ボイコット」の検討を公式化する中、オリンピックをきっかけとした文大統領の「平和の歩み」が揺らいでいる。...
別窓で開く

韓国大統領府「南北首脳会談、大統領選用の “ショー”ではない」
青瓦台(韓国大統領府)はきょう(27日)、南北首脳会談などについて言及し敵対視政策撤回を条件とした北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長の談話文に関して「具体的な要求事項が、過去のように提示されたわけではない」として、肯定的にみていることを明らかにした。...
別窓で開く

青瓦台「文大統領の終戦提案は『朝鮮半島の非核化』の出発点」
青瓦台のパク・スヒョン(朴洙賢)国民疎通首席は23日、「北朝鮮が対話のテーブルに着けば、(終戦宣言)問題はいつでも共に推進することができる」と述べた。朴主席はこの日午前に放送されたMBCラジオとの電話インタビューの中で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が任期最後の国連総会で朝鮮戦争の終戦宣言を国際社会...
別窓で開く

<W解説>韓国軍のSLBMを嘲笑う北朝鮮=韓国の不安定の原因は「武器の不足」ではない
韓国の大統領府「青瓦台」は今月15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に成功したと発表した。韓国では「米国やロシアなどに続き、世界で7番目に発射実験に成功した国となった」などと報じられた。SLBM開発に成功した国は、米国・ロシア・中国・英国・フランス・印度と報道され、これに対しては「日本...
別窓で開く

金与正氏の「文大統領 “非難”」に、韓国大統領府「対話の余地ある」
北朝鮮は弾道ミサイルを発射したことにつづき、これを「挑発」と規定したムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領にまで強い表現で非難したことで、南北間の緊張が高まっている。青瓦台(韓国大統領府)はさらなる挑発の状況を注視しながらも、北朝鮮が残した「対話の余地」に注目している。...
別窓で開く

北朝鮮の「弾道ミサイル発射」の日、韓国軍も「SLBM試験発射」…文大統領も立ち会う
北朝鮮はきょう(15日)日本海(韓国名:東海)上に弾道ミサイル2発を発射した中、韓国軍も潜水艦弾道ミサイル(SLBM)の発射試験を実施した。ムン・ジェイン(文在寅)大統領はこの日現場を直接訪れ、SLBM発射試験に立ち会った。この日の午後、チョンチョンナムド(忠清南道)にある国防科学研究所(ADD)総...
別窓で開く

米韓、事実上の “ワーキンググループ2.0”…米「北へのインセンティブ提供は難しい」
「米韓ワーキンググループ」2.0バージョン時代が開かれた。韓国統一部(省)・青瓦台(韓国大統領府)と 米国務省・財務省の局長級により構成された米韓協議は、4日(現地時間)対北政策の調整のために初の会議として行なわれた。両国は 南北通信連絡線の復旧を肯定的に評価する中、米国は さらなるインセンティブの...
別窓で開く


<前へ12次へ>