本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



未来のユニコーン企業はどこだ?...東洋経済「すごいベンチャー」、ダイヤモンド「資格・副業・学び直し」、エコノミスト「米国発世界経済リスク」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ベンチャー市場は「拡大」から「選別」の時代に突入「週刊東洋経済」(2022年9月17・...
別窓で開く

日本政府に関連するウェブサービスにサイバー攻撃か ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/9/1〜9/8】
eHrach/Shutterstock.com 1.[イベントカレンダー]秋のリアルイベントが再開  秋に向けて、大規模展示会のスケジュールが発表されてきている。...
別窓で開く

「ワールドクラス」「主役」「拘束衣から解かれた」…アーセナルFWジェズスに称賛の嵐
アーセナルのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスに対する称賛の声が鳴りやまない。 今オフにマンチェスター・Cから4500万ポンド(約75億円)の移籍金で加入したアーセナルの新戦力は、13日に行われたプレミアリーグ第2節のレスター戦で目覚ましい活躍を見せた。...
別窓で開く

国生さゆり「見せるつもりなかった」“こっそり投稿”のSFアクション小説を解禁した真実
国生さゆり 優秀な若き女性研究者が開発した“液体デバイス”の秘密を巡り、自衛隊所属の精鋭部隊が謎の敵との諜報(ちょうほう)戦を展開、チームの絆、裏切り、そして守る者と守られる者の間に生まれる愛……。 女優の国生さゆりが初めて書いた小説『国守の愛』シリーズは、ハードボイルドな世界が展開する大長編SFバ...
別窓で開く

トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する「本当の理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する理由について解説した。...
別窓で開く

アノニマス「グループリーダー」をJNN取材 入手済のロシア情報とは(THE TIME,)
「国際的ハッカー集団、アノニマスを単独取材。ロシアとの情報戦を明かしました」ときょう6日(2022年5月)の「THE TIME,」でMCの香川照之が切り出したのは、国際的匿名ハッカー集団「アノニマス」のニュースだ。JNNの記者がグループのリーダーの単独取材に成功したという。...
別窓で開く

「肩に銃弾受ける」…義勇兵としてウクライナ入りしたイ・グン元大尉チームに負傷者=韓国
海軍特殊戦団(UDT/SEAL)出身の韓国ユーチューバー、イ・グン元大尉がいるウクライナ義勇軍作戦チームから負傷者が発生したことが伝えられた。ウクライナ移民のユーチューバー、モジリは去る17日、自身のYouTubeチャンネルに「ウクライナ・キーウ(キエフ)で理髪店に行ってきました+国際義勇軍に会いま...
別窓で開く

厚切りジェイソン「一生普通の芸能活動が出来なくなる」日本で風刺的笑いが普及しない原因を分析
3月30日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に、アメリカ人の企業役員でお笑い芸人の厚切りジェイソンがゲスト出演した。 番組では、ミュージシャンでDJのモーリーロバートソン氏が、『週刊プレイボーイ』(集英社)ならびに同誌のウェブサイト「週プレNEWS」で問いかけた「日本の『お笑い』はなぜ戦...
別窓で開く

ウクライナ軍医「ロシア兵捕虜は去勢する…人間でないから」発言も 批判受け謝罪「命救う」
ロシアの戦争捕虜を去勢すると宣言したウクライナの医者が、自分の発言が過ぎたと謝罪した。22日、ニューズウィークはウクライナ東部最前線の医療陣である病院長ゲナディ・ドルジェンコ(49)が国営放送「ウクライナ24」のインタビューにおいて、「医師たちに捕虜にしたロシア軍人たちを去勢するよう指示した」と話し...
別窓で開く

「彼女のプログラムは開花している」坂本花織の金メダルを米アナリストが予想! 樋口新葉との“ワンツーフィニッシュ”にも期待
五輪シーズンの締めくくりとなる『世界フィギュアスケート選手権』(フランス・モンペリエ)の開幕が迫っている。ただ、今大会は現在も続いているウクライナ侵攻の影響により、国際スケート連盟(ISU)からロシア、ベラルーシ勢が追放されるなど、これまでにない異様な空気感に包まれている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>