本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



伊藤沙莉、KERA舞台で“昭和の笑い”に触れ「じつはコテコテこそ一番難しいかも」
舞台『世界は笑う』は、昭和30年代初頭の混沌とした時代に生きる喜劇人たちと、彼らを取り巻く人々との群像劇。これまでもさまざまな形で喜劇や喜劇人に焦点を当ててきたケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)さんが描く今作に、伊藤沙莉さんが参加する。KERAさんの笑いの間を知って、自分の新たな世界が切...
別窓で開く


<前へ1次へ>