本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「記憶に残るフィナーレ」ロイヤルズが1イニング11得点の猛攻でマリナーズに大逆転勝利!ホーム最終戦を劇勝で飾る
カンザスシティ・ロイヤルズが歴史に残る大逆転勝利を演じた。 現地時間9月25日、本拠地コウフマン・スタジアムで迎えたシアトル・マリナーズ戦。5回にマリナーズが大量8点を奪い、6回表を終了した時点で2対11と9点リードしていたが、6回裏にロイヤルズが11点を奪い返すエキサイティングな展開に。...
別窓で開く

大谷翔平の移籍先に“お荷物球団”タイガースが急浮上 新GM就任で名将マドン氏と再共闘なるか
(マドン氏(左)は新監督候補だ(C)共同通信社) エンゼルス・大谷翔平(28)に新たな移籍先候補が浮上した。 ア・リーグのお荷物球団であるタイガースである。先月、成績不振を理由にアル・アビラGMを解任したタ軍は日本時間20日、ジャイアンツのスコット・ハリスGMが編成本部長に就任したと発表。...
別窓で開く

大谷「サイ・ヤング&MVP」同時受賞なら来季年俸100億円! メジャー最高額シャーザー超え
(アストロズ戦で好投した大谷(C)ロイター/USA TODAY Sports)「残り試合、予定通りにコンディションを整えて毎回、投げるっていうのが一番の目標なので。きょうみたいに長い回を投げられれば、勝つチャンスも多くなる。奪三振は捨てていますし、球数が増えない条件としてはなるべく四球を出さないこと...
別窓で開く

「ジャッジやプーホルスだけじゃない!」米記者がヤクルト村上宗隆の驚異的なHR量産ペースに注目!「シーズン本塁打記録と三冠王に迫る」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平と並んで、現在アメリカン・リーグのMVPの最有力候補と言われるのがニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジだ。 ジャッジは現地時間22日に行われたニューヨーク・メッツ戦で今季47号ソロを放ち、ア・リーグ2位のヒューストン・アストロズのヨーダン・アルバレスに16...
別窓で開く

“スリーボール・ノーストライク”で沸き起こる拍手 広島・高橋建さんがファンに語りかけたこと
 この光景を望んでいた野球人がいた。 ツーボール・ノーストライク。スリーボール・ノーストライク。投手が不利なカウントで、スタジアムから湧き起こる拍手である。 かつては、ちがった。ボールが先行すると、スタンドからはため息が聞こえ、厳しいヤジが飛ぶことも少なくなかった。 そんなとき、彼は、放送を通じてフ...
別窓で開く

【トレード・デッドライン総まとめ|ナ・リーグ】パドレスが若手最強打者ソトと最強守護神をゲット!ブレーブスはじめ東地区3球団も積極補強に動く<SLUGGER>
現地8月2日、メジャーリーグはトレード・デッドラインを迎え、例年通り、締め切り直前になって数々の大物が動く激しい1日となった。果たしてどの選手がどのチームへ移籍したのか、主な動きをまとめていこう。...
別窓で開く

「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

ジャッジが21号で本塁打王ランク独走!球団4人目の快挙&球団記録超えペースも「僕はルースになろうとしていない」
開幕から3か月足らずで21本塁打を量産し、アメリカン・リーグの本塁打王争いを独走しているのが、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)。 現地時間6月4日に本拠地で行なわれたデトロイト・タイガース戦に「1番・中堅」で出場すると、先頭打者で迎えた初回にいとも容易く一発を放った。...
別窓で開く

今季の“PO進出確率”が最も上がっているのは「エンジェルス」! 開幕前から驚異の22.5パーセント増
メジャーリーグ開幕から早くも1か月が経過し、各チームのプレーオフ出場確率も大きく変動しているようだ。【動画】大谷翔平が伝統のフェンウェイ・パークで躍動! 圧巻の奪三振ショー&2安打をチェック 現地時間5月7日、MLB公式サイトは、「開幕1か月でプレーオフ進出のオッズが最も変化したのは?」と題した記事...
別窓で開く



<前へ12345次へ>