本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スコットランド・サッカー協会が驚きの決定 長寿化で「ルールを根本的に変更すべき」との声も
 4年に1度のサッカーの祭典、第22回FIFAワールドカップが11月20日からカタールで開催されている。 連日、熱戦が繰り広げられているが、その最中の11月28日、スコットランド・サッカー協会は「へディングを繰り返す練習を週1回以下に制限し、試合前日と翌日はその練習を一切禁止する」との指針を発表した...
別窓で開く

ウェストハムMFに188億円の値札? 他サポは悲鳴「デクラン・オーバープライス」
ウェストハムは、イングランド代表MFデクラン・ライスの移籍金に1億2000万ポンド(約188億円)を要求するようだ。イギリス紙『サン』などがイギリス紙『タイムズ』の報道を引用して伝えている。 ウェストハムの中盤で欠かせない存在となっているライスには、アカデミー時代を過ごしたチェルシー、マンチェスター...
別窓で開く

英国の大学1位?、 オックスフォードでもケンブリッジでもない「ここ」!
英国のオックスフォード大学でもケンブリッジ大学でもない第3の大学が、初めて英国1位の大学にランクされた。英紙ザ・タイムズは17日(現地時間)、ネット上で発表した「ザ・グッドユニバーシティガイド」で、スコットランドのセント・アンドルーズ大学が1位にランクされたと明らかにした。...
別窓で開く

9月末に「ワクチンパスポート」導入する英国…「さらなる封鎖は避ける」
新型コロナウイルスによる一日の新規感染者が4万人を超えている英国は、さらなる防疫規制と封鎖を避けるために「ワクチンパスポート」を今月(9月)末に導入することを明らかにした。ナディム・ザハウィ ワクチン担当相は「イングランドは今月末から大規模に人々が集まる場所において、“新型コロナワクチンパスポート”...
別窓で開く

スコットランド2000人集団感染でわかった! 東京五輪は「無観客でも感染拡大」の「オウンゴール」(井津川倫子)
2021年6月中旬から各地で開かれているサッカーのヨーロッパ選手権で、選手やサポーターたちの新型コロナウイルスの感染が続々と確認されて脅威となっています。イギリス北部スコットランドの保健当局が、開催から約2週間でヨーロッパ選手権に関連して感染が確認されたスコットランド在住者が1991人にのぼると発表...
別窓で開く

アストラゼネカ、ファイザーより接種効果高…英国で入院率94%減少
世界で最初に大規模なアストラゼネカワクチン接種を開始した英国では、このワクチンがファイザーのワクチンよりも入院のリスクを下げた。スコットランドでは、アストラゼネカワクチンを接種した人々の入院リスクは最大94%まで、ファイザーワクチンは85%まで減少した。さらに、これは1回の接種のみの結果であり、1回...
別窓で開く

英国発のコロナ変異ウイルス、世界の約50か国に拡散=韓国報道
英国で初めて発見された伝染力がさらに70%強いコロナ変異ウイルスが欧州や米国、アルゼンチンなど、世界各国に広がっているとニューヨークタイムズが16日(現地時間)報道した。このうち、最も多くの被害を受けた国はポルトガルで、この1週間で1日平均の感染者は8800人を超え、16日には約1万1000人を記録...
別窓で開く

ルーニーがポグバの起用法をアドバイス「ランパードのような役割で…」
 ダービー・カウンティに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、起用法次第でマンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバが信じられないような選手になることを主張した。18日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ポグバは昨年9月に右足首を負傷し、2カ月半の離脱を経て...
別窓で開く


<前へ1次へ>