本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



激戦地バフムトは徹底抗戦の象徴、ゼレンスキー氏「可能な限り戦う」…米欧は撤退論
 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は3日、ロシア軍との最大の激戦地になっているウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトについて、「我々は可能な限り戦う」と述べ、撤退しない姿勢を強調した。バフムトは、ウクライナ侵略を続けるロシアへの徹底抗戦の象徴となっており、国民の士気低下を避けるためとみ...
別窓で開く

ロシア軍の死傷者「20万人近くに」、ワグネル戦闘員は「消耗品」…米政府高官
 ロシアによるウクライナ侵略で、露軍の死傷者数が20万人に近づいているとの分析を、米国の政府関係者らが明らかにした。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が報じた。ウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトを巡る激しい攻防により、死傷者の増加が加速しているという。 米政府高官によると、両軍はバフムト周辺で...
別窓で開く

村上春樹「まったくすごいことを言いますよね」プーチンの言葉から戦争を考える
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。1月29日(日)の放送は「村上RADIO 〜1980年代、ヒットソング・オンパレード〜」をオンエア。今回の「村上RADIO」は番組史上初めて、リスナーのみなさまから...
別窓で開く

良い人間関係を構築するにはどうすればいいか。元外交官で作家の佐藤優さんは「深い人間関係を築くには、一緒に食事をすることが大切だ。特に鍋や焼き肉は親密度が増しやすい」という——。※本稿は、佐藤優『君たちの生存戦略 人間関係の極意と時代を読む力』(ジャパンタイムズ出版)の一部を再編集したものです。■リモ...
別窓で開く

中国官営メディア「西側のウクライナ “戦車支援”、戦争をより “泥沼”に」
中国の官営メディアは、米国・ドイツなどによるウクライナへの “戦車提供”決定について「ウクライナ戦争のさらなる長期化を促進することだ」と批判した。中国の官営英字紙“グローバルタイムズ”は26日付のオンライン記事で、西側の首脳たちが次々と明らかにしたウクライナへの戦車提供の決定について「すでに複雑化し...
別窓で開く

朝鮮半島で戦争が起きたら「知る前にみんな死ぬ」「ソウルからの脱出は不可能」と英紙支局長
朝鮮半島で南北の軍事的緊張が高まる中、英国紙のソウル支局長はコラムで、戦争が起きたら「避難の心配するな…戦争を知る前にみんな死ぬ」「生存確率はゼロよりわずかに高い」「ソウルからの脱出は不可能」などの見方を示した。朝鮮日報などが報じた。朝鮮日報などによると、「朝鮮半島戦争準備の教訓」と題したコラムの筆...
別窓で開く

「石油人民元」は世界のエネルギー新秩序構築の第一歩か
新型コロナ対策をこれまでの「動的ゼロコロナ」から事実上の「ウィズコロナ」に調整した中国。今後は経済回復に重点を置き、対外的な経済活動も始まりつつある。経済の回復には電力消費が伴うが、周知のように、ウクライナ情勢を受け、国際的なエネルギー価格が上昇しているため、中国にとってエネルギーの確保は重要だ。...
別窓で開く

「戦争起きればソウルからの脱出は不可能」…「戦争を知る前にすべては終わる」=英メディア
英国経済紙のフィナンシャルタイムズ(FT)のソウル支局長であるクリスチャン・デイビス氏は「朝鮮半島で戦争が起きる場合、自分の生存する確率は0%に近い」というコラムを書いたことで話題となっている。最近、北朝鮮による挑発が続いている中、韓国内に住んでいる外国人たちも「偶発的状況が起きる場合、どのように対...
別窓で開く

中国メディア「日本が米国の手下として動けば、アジアのウクライナになるだろう」
中国は、日米首脳会談などを通して米国との密着を強化している最近の日本に対し「けん制のレベル」を上げている。中国の官営英字紙“グローバルタイムズ”は16日「『日本が米国の戦略路線に従えば、自分たちをアジアのウクライナにする危険がある』というタイトルのコラムを掲載した。...
別窓で開く

宇軍のジレンマ「270万円のドローンを6900万円のミサイルで撃墜…」
ウクライナ軍はエネルギー施設などインフラを狙ったロシアの無人機(ドローン)攻撃をかなり成功裏に防いでいると伝えられるが、ロシア軍側の比較的安価なドローンを撃墜するのに用いられる防空ミサイルなどのコストが高すぎて苦労しているようだ。3日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)によると、先月31日か...
別窓で開く


[ タイムズ ウクライナ ] の関連キーワード

ゼレンスキ ウクライナ 朝鮮半島 原始時代 アジア
ソウル ロシア