本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



1月27日から29日にかけての週末、北米のボックスオフィスでは、引き続き『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が首位をキープした。デビュー以来、譲らずに1位に居座り続けている。全世界興行収入は21億1,600万ドルで、歴代4位。次の目標は歴代3位のやはりジェームズ・キャメロンが監督した『タイタニック...
別窓で開く

『アバター:WoW』20.5億ドル突破で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』下し全世界歴代興収5位に浮上
現在公開中の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、公開6週目にして世界興行収入20.5億ドルを突破し、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を下して歴代ランキング5位に浮上した。 Varietyによると、現地時間1月26日の時点で、世界興行収入20.54億ドルを記録し、20.52億ドルを記録...
別窓で開く

近年、映画館では進化を続ける映像技術を駆使した、リアリティを追求された映像が度々話題に上っています。昨年、一躍社会現象にまでなった、戦闘機によるアクションシーンが圧巻だった『トップガン マーヴェリック』や、キャラクター表情、息遣い、汗の一粒までリアリティが追及された『THE FIRST SLAM D...
別窓で開く

1月21日、ゴジラの英語公式アカウントが「ゴジラを出演させるべきだった映画を教えて」というツイートを投稿したところ、多くの回答が寄せられています。...
別窓で開く

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』20億ドル突破! 勢い止まらず
現在公開中の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、コロナ禍で初めて世界興行収入20億ドル(約2590億円)を突破した。歴代興行ランキング、トップ5圏内も視野に入ってきた。 Varietyによると、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は公開6週を迎えてもなお勢いが止まらず、この度ついに世界興行収...
別窓で開く

世代を超えて認知される『タイタニック』のすごさとは? 最近話題のエンタメ作品にも登場
今年のバレンタイン期間、2週間限定での劇場公開が決まった『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』。...
別窓で開く

“知名度”抜群、2023年見逃せない超大作映画3選『タイタニック』『インディ・ジョーンズ』『ミッションイン・ポッシブル』
昨年、大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画『トップガン  マーヴェリック』。それを上回るヒットとなっている公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。昨年は、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』があり、『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』もヒットした。これらに共通するのは、80年代、...
別窓で開く

井上晴美 尾崎豊とレオ様にハマった『桜っ子クラブ』時代
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、映画館で見た洋画の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。「映画『タイタニック』(’97年)は、劇場やレンタルビデオ、テレビの再放送で何回も見ました。...
別窓で開く

レオ様→ヨン様に! レオナルド・ディカプリオは名前で客を呼べる最後のハリウッドスター
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、映画館で見た洋画の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’90年代”を振り返ってみましょうーー。「どこまでも広がる大海原を進む豪華客船の船首で、両手を広げたヒロイン役のケイト・ウィンスレットを、後ろから抱きか...
別窓で開く

14歳の少女を演じるシガーニー・ウィーバー、メイキング映像公開「これぞ真の演技」
昨年12月16日の世界同時公開から約5週間、今月19日時点で全世界興行収入19億2825万ドル(日本円で約2468億円、1ドル=128円換算※Box Office Mojo 調べ)をあげ、『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』を抜き、全世界歴代興行収入ランキング6位となった、ジェームズ・キャメロン...
別窓で開く