本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サッカー日本代表監督は“無責任なファン”に振り回される大変な職業 「日本人監督の方が適任」と思う理由とは(中川淳一郎)
 サッカー日本代表の監督って実に大変な仕事だと、森保一監督への評価を見てしみじみと感じました。大会開始前は「五輪代表監督とA代表監督の兼任は難しい」「サンフレッチェ広島時代の成功体験である3−4−3のフォーメーションに拘泥し過ぎている」「固定の選手しか使わない」と酷評されたものです。...
別窓で開く

最下位チームが“時間を殺す”意図を正確に捉えるべきだった。ターンオーバーなど全く問題ではない。メンバー変更は当然【W杯】
[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0−1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム スペインに0−7でボロ負けしたコスタリカは、勝たなければならないから、アグレッシブに前へ出てくるはず。日本はその裏を突ければいい——。 誰だ? そんなことを言っていたのは? ...
別窓で開く

「IQはアインシュタイン級」のジョーダン、堅実なストックトン&ダンカンーー優れた頭脳を持つ“ベストIQチーム”を厳選<DUNKSHOOT>
近年のNBAはポジションレス化が進行し、選手には多様性とともにバスケットボールIQの高さも重要視されるようになった。 もっとも、“バスケットボールIQ”という用語に厳密な定義はない。状況に応じて正しいプレーを選択でき、ボーンヘッドを犯さない選手、といったところか。...
別窓で開く

ウエストブルックの連続ターンオーバー記録が407試合でストップ!レイカーズは今季3度目の3連勝!<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地1月4日、本拠地クリプトドットコム・アリーナで同地区に所属するサクラメント・キングスと対戦した。 試合序盤、レイカーズはキングスにペースを握られ、第1クォーターを26ー31と5点のビハインドで終了。しかし、第2クォーターにテイレン・ホルトン・タッカーやドワイト・ハワード...
別窓で開く

恐いぐらいに的中する“森保采配”。唯一心配なのは…【東京五輪】
 森保一監督の打つ手が次々と当たっている。恐いぐらいにだ。 南アフリカとメキシコに連勝した日本の五輪代表は7月28日、グループステージ突破を懸けて、フランスと対戦した。 引き分け以上で首位通過、1点差負けでも決勝トーナメント進出が決まるこの一戦で、注目されたのは、ターンオーバーをするかどうかだった。...
別窓で開く

【NBA】ウィザーズがセルティックスに完敗。第8シードの座を争いペイサーズと対戦へ<DUNKSHOOT>
5月18日(日本時間19日、日付は以下同)、ボストンのTDガーデンでプレーオフの第7シードの座を争う一発勝負のプレーインゲーム、ボストン・セルティックスとワシントン・ウィザーズの一戦が行なわれた。 ウィザーズはシーズン終盤と同じ、ラッセル・ウエストブルック、ハウル・ネト、ブラッドリー・ビール、八村塁...
別窓で開く

【FC東京vsC大阪プレビュー】ホーム戦2連勝で勢いに乗りたいFC東京…C大阪は敵地で3年ぶりの白星を狙う
■FC東京 一瞬の隙も許されない展開の中、自分たちの戦い方を貫けるか【プラス材料】 リーグ開幕戦は「本来の自分たちを見せることができなかった」とDF森重真人は振り返ったが、その状況でも我慢強く戦い、森重自身がゴールをマーク。簡単には諦めず、引き分けに持ち込んだことをプラスと捉えたい。...
別窓で開く

【セルジオ越後】川崎が史上最速V。今季のMVPにふさわしいのは三笘?谷口?それとも…
 Jリーグは川崎フロンターレが他を圧倒する強さで、4試合を残して史上最速で優勝したね。今年は、コロナ禍の特殊なシーズンで、超過密日程や交代枠の増加(3人→5人)、飲水タイムの設置などで、サッカーのやり方も通常のシーズンとは随分変わったし、変わらざるを得なかった。 多くのチームがこうした状況...
別窓で開く

「エナジーを持ち込んでくれた」ウエストブルックが復帰したロケッツがサンダーに快勝し、1回戦突破に王手!
8月29日(日本時間30日、日付は以下同)。NBAのプレーオフが4日ぶりに再開され、ウエスタン・カンファレンス4位のヒューストン・ロケッツと同5位のオクラホマシティ・サンダーによるファーストラウンド第5戦は、ロケッツが114−80で快勝した。「彼がエナジーを持ち込んでくれた。彼は俺たちが失っていた興...
別窓で開く

【川崎】トレーニングマッチでの収穫と課題は?鬼木達監督が語ったチームの現状
 6月18日、トレーニング後に川崎の鬼木達監督がオンラインに取材に応じ、リーグ再開に向けた現状を説明してくれた。 チームは6月13日に相模原(45分×3本:1-0、0-0、2-0、得点者:旗手②、オウンゴール)、6月17日に町田(45分×3本:1-0、2-0、2-0、得点者:...
別窓で開く


<前へ12次へ>