本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【北京IPO】送配電・制御設備メーカーの科潤智能制御が28日に公募開始、3534万株発行予定
 北京証券取引所への上場を目指す、科潤智能制御(834062/北京)が6月28日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。3534万株を発行予定で、公募価格は4.3元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2004年に江山科潤電力設備有限公司として設立した民営企業で、15年に株式会社化、...
別窓で開く

【深センIPO】自動車エンジントルクダンパー部品の保定市東利機械製造、初値は公開価格の約2倍に
 自動車エンジントルクダンパー部品を製造する保定市東利機械製造(301298/深セン)が6月6日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格12.68元に対し、初値は106.70%高い26.21元だった。終値は同116.56%高の27.46元だった。 同社は1998年設立の民営企業で、2014...
別窓で開く

【深センIPO】自動車エンジントルクダンパー部品の保定市東利機械製造が25日に公募開始、3680万株発行予定
 深セン証券取引所の創業板への上場を目指している、保定市東利機械製造(301298/深セン)が5月25日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。3680万株を発行予定で、公募価格は24日に発表する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は1998年設立の民営企業で、2014年に株式会社化...
別窓で開く

【深センIPO】自動車サスペンション部品の江蘇紐泰格科技、初値は公開価格の約2.5倍に
 自動車のサスペンションシステムを扱う江蘇紐泰格科技(301229/深セン)が2月22日、深セン証券取引所創業板に新規上場した。公開価格20.28元に対し、初値は146.55%高い50.00元だった。  同社は2010年設立の民営企業で、自動車のサスペンションシステム、内装、外層のアルミニウム鋳造部...
別窓で開く

【深センIPO】自動車サスペンション部品の江蘇紐泰格科技が11日に公募開始、2000万株発行予定
 深セン証券取引所創業板への上場を目指す江蘇紐泰格科技(301229/深セン)が2月11日に公募を開始する。2000万株を発行予定で、公募価格は20.28元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2010年設立の民間企業。自動車のサスペンションシステム、内装、外層のアルミニウム鋳造部品の研...
別窓で開く


<前へ1次へ>