本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「カイリーは嫌っていない」アービングの代理人がネッツとの関係悪化を否定。一方で首脳陣の去就にはノーコメント<DUNKSHOOT>
6月30日のトレード要求から1か月以上が経過した8月上旬。ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、チームのオーナーを務めるジョー・ツァイと会談し、改めてトレードを望んでいることを明らかにした。 現地の報道によると、デュラントはその場で自分をトレードするか、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)...
別窓で開く

バークレーが王者ウォリアーズの対抗馬にクリッパーズを推挙!2枚看板の完全復活で「ものすごく危険なチームになる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、地元メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズについて語るポッドキャスト番組『Dubs Talk』に、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがゲスト出演した。 昨季3シーズンぶりにプレーオフへ返り咲いたウォリアーズは、ウエスタン・カンフ...
別窓で開く

「ルイはシューティングで素晴らしい仕事をした」八村塁の成長に目を細めるフューHC「彼を見るのが大好きなんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間7月7日から17日にかけて、ラスベガスで開催された「NBA 2K23 サマーリーグ」は、ポートランド・トレイルブレイザーズの優勝で幕を下ろした。 その期間、会場にはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やカイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)、ドレイモンド・グリーン(ゴールデ...
別窓で開く

サラリー減額でシクサーズと再契約見込みのハーデン。今夏の目標は「エリートレベルへ戻ること」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジェームズ・ハーデンは、2022−23シーズンの契約(プレーヤーオプション)を破棄して、今夏に完全FAとなった。 もっとも、これはシクサーズと減額して再契約するためのもので、約4740万ドル(約64億4640万円)という巨額年俸から1500万ドル(約20億70...
別窓で開く

セルティックス加入を「待ち望んでいた」ブログドン。「このチームは皆、勝利のためなら自らを犠牲にできる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月12日、ボストン・セルティックスのバスケットボール運営部代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のブラッド・スティーブンスが、メディア向けに新加入選手たちの入団会見を行なった。 昨季セルティックスはプレーオフでイースタン・カンファレンスを勝ち上がり、2010年以来初のNBAファイナル進出。...
別窓で開く

「難しい決断だった」ウォリアーズの名脇役が新天地にラプターズを選んだ理由<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間7月6日(日本時間7日)にフリーエージェント(FA)選手との契約が解禁となり、トロント・ラプターズはオットー・ポーターJr.と複数年契約を結んだことを発表した。 203㎝・89㎏で両フォワードをこなすポーターJr.は、昨季ゴールデンステイト・ウォリアーズでローテーション入りし、レギュ...
別窓で開く

「これ以上何を言うんだい?」カリーの“アンチ”にウォリアーズGMが異議「見届けられるのは幸運でしかない」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはNBA13年目にして自身初のファイナルMVPに輝き、これまでのキャリアにさらなる栄光を加えた。ボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は、カリーの“アンチ”たちはもはやケチのつけようがないと主張している。...
別窓で開く

カリーへの称賛を惜しまないカーHC「プレーオフで彼は間違いなくピークにあった」。ウォリアーズは現布陣を維持する意向<DUNKSHOOT>
現地時間6月22日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が2021−22シーズンの終了会見に臨んだ。 ウォリアーズの指揮官に就任して8シーズン目となった今季、カーHCはコーチとして4度目のチャンピオンとなり、現役時代(5度)を含めて計9回以上NBAで優勝を経験した人...
別窓で開く

「僕を信じてチャンスを与えてくれた」ペイトン二世が“恩人”グリーンへメッセージ「誇りに思うし、感謝している」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ボストン・セルティックスとのNBAファイナルをシリーズ成績4勝2敗で制し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いた。主軸の1人であるドレイモンド・グリーンは、今季の“陰のキーマン”の1人だったゲイリー・ペイトン二世の裏エピソードを披露し...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く


[ ゼネラル dunkshoot nba ] の関連キーワード

dunkshoot レジェンド バークレ

<前へ1234567次へ>