本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「これから先もハッピーになれない」移籍要求から一転、ネッツ残留のデュラントをバークレーが痛烈批判!「惨めな男」<DUNKSHOOT>
現地時間8月23日、今夏にリーグを賑わせた“ケビン・デュラント狂想曲”が終焉を迎えた。 ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)は、チームにトレードを要求していたデュラント、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)、ジョー・ツァイ(オーナー)、クラ...
別窓で開く

“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

バークレーが王者ウォリアーズの対抗馬にクリッパーズを推挙!2枚看板の完全復活で「ものすごく危険なチームになる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、地元メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズについて語るポッドキャスト番組『Dubs Talk』に、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがゲスト出演した。 昨季3シーズンぶりにプレーオフへ返り咲いたウォリアーズは、ウエスタン・カンフ...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

ハーデン放出でシモンズらを獲得したネッツ。デュラントは「どんな形でシーズンを終えることになるのか楽しみだ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日、NBAはトレード・デッドラインを迎え、今年も複数のトレードが成立して多くの選手たちがシーズン途中で移籍した。 なかでも最大の衝撃となったのはブルックリン・ネッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる大型トレードだ。...
別窓で開く

ワクチン未接種が原因!? ネッツGMがアービングの離脱を発表「試合や練習に参加しないことを決めた」<DUNKSHOOT>
ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、カイリー・アービングの超強力ビッグ3擁するブルックリン・ネッツは、2021-22シーズンの優勝候補に挙げられている。 全30チームのゼネラルマネージャー(GM)による投票では、7割以上のGMが今季のネッツ優勝を予想するなど関係者からも評価が高いが、チームは開...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

ウィザーズGMが八村塁の東京五輪での活躍に期待「彼にとって素晴らしい経験になる」<DUNKSHOOT>
今からちょうど2年前の2019年6月20日(日本時間21日)、日本バスケットボール界に新たな歴史が刻まれた。この日はブルックリンのバークレイズ・センターでNBAのドラフトが開催。八村塁が1巡目9位でワシントン・ウィザーズから指名された日だ。 それから2シーズン、八村はウィザーズの主力として着実に成長...
別窓で開く


<前へ12次へ>