本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

バークレーが王者ウォリアーズの対抗馬にクリッパーズを推挙!2枚看板の完全復活で「ものすごく危険なチームになる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、地元メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズについて語るポッドキャスト番組『Dubs Talk』に、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがゲスト出演した。 昨季3シーズンぶりにプレーオフへ返り咲いたウォリアーズは、ウエスタン・カンフ...
別窓で開く

セルティックス加入を「待ち望んでいた」ブログドン。「このチームは皆、勝利のためなら自らを犠牲にできる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月12日、ボストン・セルティックスのバスケットボール運営部代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のブラッド・スティーブンスが、メディア向けに新加入選手たちの入団会見を行なった。 昨季セルティックスはプレーオフでイースタン・カンファレンスを勝ち上がり、2010年以来初のNBAファイナル進出。...
別窓で開く

ジャズが守護神ゴベアに続いてエースのミッチェルも放出か?移籍先候補は故郷球団のニックス<DUNKSHOOT>
昨季のプレーオフ1回戦でダラス・マーベリックスに敗退したユタ・ジャズは、シーズン終了後にクイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)が退任。さらに7月には最優秀守備選手賞を3度受賞したリーグ屈指のディフェンダーであるルディ・ゴベアをミネソタ・ティンバーウルブズに放出した。...
別窓で開く

「難しい決断だった」ウォリアーズの名脇役が新天地にラプターズを選んだ理由<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間7月6日(日本時間7日)にフリーエージェント(FA)選手との契約が解禁となり、トロント・ラプターズはオットー・ポーターJr.と複数年契約を結んだことを発表した。 203㎝・89㎏で両フォワードをこなすポーターJr.は、昨季ゴールデンステイト・ウォリアーズでローテーション入りし、レギュ...
別窓で開く

「これ以上何を言うんだい?」カリーの“アンチ”にウォリアーズGMが異議「見届けられるのは幸運でしかない」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはNBA13年目にして自身初のファイナルMVPに輝き、これまでのキャリアにさらなる栄光を加えた。ボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は、カリーの“アンチ”たちはもはやケチのつけようがないと主張している。...
別窓で開く

カリーへの称賛を惜しまないカーHC「プレーオフで彼は間違いなくピークにあった」。ウォリアーズは現布陣を維持する意向<DUNKSHOOT>
現地時間6月22日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が2021−22シーズンの終了会見に臨んだ。 ウォリアーズの指揮官に就任して8シーズン目となった今季、カーHCはコーチとして4度目のチャンピオンとなり、現役時代(5度)を含めて計9回以上NBAで優勝を経験した人...
別窓で開く

「僕を信じてチャンスを与えてくれた」ペイトン二世が“恩人”グリーンへメッセージ「誇りに思うし、感謝している」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ボストン・セルティックスとのNBAファイナルをシリーズ成績4勝2敗で制し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いた。主軸の1人であるドレイモンド・グリーンは、今季の“陰のキーマン”の1人だったゲイリー・ペイトン二世の裏エピソードを披露し...
別窓で開く

「勝てるチャンスがあると思っていた」セルティックスGMがファイナルを回想「選手全員が1つの方向へ向いていた」<DUNKSHOOT>
現地時間6月21日(日本時間22日)、ボストン・セルティックスのバスケットボール運営部代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のブラッド・スティーブンスが2021−22シーズン終了会見をオンラインで開いた。 昨季までの8シーズン、セルティックスで指揮官を務めてきた男は、ダニー・エインジ(現ユタ・ジャズCE...
別窓で開く

「ちゃんと観ているのか?」カリーに対する低評価にウォリアーズGMが不満「彼は称賛を送りたいと思える人物」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地時間6月5日(日本時間6日、日付は以下同)に行なわれたNBAファイナル第2戦でゲームハイの29得点に6リバウンド、4アシスト、3スティールと暴れ回り、107−88でボストン・セルティックスに快勝する立役者となった。...
別窓で開く


[ ゼネラル dunkshoot dunkshoot セルティックス ] の関連キーワード

dunkshoot セルティックス ミッチェル バークレ nba

<前へ123次へ>