本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「恐ろしい状況だ」成績不振の責任を指揮官に押し付けたレイカーズに非難の声が続出!「完全に混乱。無礼な対応だ」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)の解任を発表した。 今季のレイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーとタレントを擁しながら33勝49敗(勝率40.2%)でウエスタン・カンファレンス1...
別窓で開く

「王座を勝ち取るためにここへ来た」プレーオフを逃したレブロンが悔しさ胸に来季へ決意「またやり遂げたい」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズの選手たち並びにバスケットボール運営部門代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のロブ・ペリンカが2021−22シーズン終了会見を行なった。 今季のレイカーズは一昨季に球団史上17度目の優勝をもたらしたレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという2枚看板にラ...
別窓で開く

「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く

NBA創設75周年記念チームに選ばれた?意外な選手”と?落選した選手”<DUNKSHOOT>
現地10月19日から21日にかけて、NBAは創設75周年を記念して“偉大な75人”を発表した(投票結果タイにより、最終的に76人が選出)。 メディア、現役および元選手、コーチ、ゼネラルマネージャー、チーム幹部たちで構成される選考委員会によって選ばれた75人の顔ぶれは豪華そのも...
別窓で開く

プレシーズン6連敗も、識者の“レイカーズ評”は揺るがず「どのチームが彼ら相手に4勝できるのか」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地時間10月19日(日本時間20日、日付は以下同)、2021−22シーズンの開幕戦でゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦する。 プレシーズン6戦全敗と先行きが不安のなかでのスタートとなるが、元NBA選手のジェイレン・ローズはポテンシャルをフルに発揮するには時間がかかると...
別窓で開く

「GMサーベイ」でネッツがレイカーズを圧倒!7割以上のGMがスター軍団の優勝を予想<DUNKSHOOT>
現地時間10月5日(日本時間6日)。毎シーズン開幕前の恒例企画となった「GMサーベイ」の結果が『NBA.com』で公開された。これは全30チームのゼネラルマネージャー(GM)たちによる投票だ。なお、GMは自チームならびにその選手には投票してはいけない。 まずは2021−22シーズンの予想、チーム編の...
別窓で開く

ネッツがディアンドレ・ジョーダンを放出、レイカーズ入りが濃厚か<DUNKSHOOT>
遡ること2年前、2019年夏。ブルックリン・ネッツはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ディアンドレ・ジョーダンとの契約を発表し、一躍オールスター軍団と化した。 2016年夏のリオデジャネイロ五輪でアメリカ代表として共闘し、金メダルを獲得した3選手をロースターに加えて優勝候補に名乗りを上げたの...
別窓で開く

「レイカーズがベストチーム」積極補強のスター軍団に解説ローズが太鼓判「レブロンはもうひとつリングを手にする」<DUNKSHOOT>
NBAの今オフの補強において、ロサンゼルス・レイカーズはトップクラスの評価を与えられるだろう。『ESPN』のアナリストを務める元NBA選手のジェイレン・ローズは、「レイカーズがベストチーム」と断言している。 リーグ2連覇を目指した昨季、レイカーズはレギュラーシーズンでレブロン・ジェームズが高位足関節...
別窓で開く


<前へ1次へ>